ふんばろう東日本

出産体験記@Hawaii

最近のトラックバック

お財布

カテゴリー「被災地との絆」の記事

切ない、タイにトルコ

切ない、タイにトルコ
切ない、タイにトルコ
切ない、タイにトルコ
切ない、タイにトルコ
震災が続いている今年。この数日だけでも、タイの大洪水、そしてトルコの大地震。東北の方々と文を交わすだけでも、普通に暮らしている自分が申し訳なくなるのに。普通に使っている「お徳用パック」の紅茶を詰め物にいれただけでも、「毎朝、紅茶のおかげで暖がとれます」と感謝される。なにか、このままでいいのか、と思ってしまう毎日ですが、そこへお世話になったタイの苦境が毎日伝えられ、チャオプラヤ川岸のシーフードレストランや、水上マーケット、タイの文化村、みんな、大丈夫なのか、と思いを馳せてしまいます。下のふたつは、タイで買ったお香セットと現地で知り合ったひとたちが「お別れに」プレゼントしてくれたジムトンプソンやら、現地の織物のストールやらです。たった1週間でこんなに仲良くなる、親切すぎる国民に、どうしてこんなつらいことが起きるのか、と毎日切ないですね。いまのところ、タイへの支援、民間からはチャンネルが比較的少なくて、ファミマやセブンイレブンでの募金や楽天銀行の洪水支援募金などが気軽にできる方法でしょうか。http://www.rakuten-bank.co.jp/company/contribution/111014/【楽天銀行へ】そして、うちでも使っているトルコ絨毯。これはわたしが自分で支払った中では高価なほうなのですが(笑)、織っている本人を見てしまったからなぁ・・・トルコも本当に素敵な国!こんなにコロンヤ(レモンコロン)を買い込んだり、いまでも数年前のトルコ旅行が生活の中に生きているほど、印象的な国なのに、そこのひとたちがいまもなお、がれきの下で苦しんでいると思うと・・・。こちらはまだ初動すら民間から起こっていないようなので、わたしはさっそくトルコへ医療支援に行っているAMDA(岡山に本部を置く、医療支援のNGO)に送金させていただくことにしました。http://amda.or.jp/ 【AMDAへ】トルコは今回の東日本大震災、そして和歌山・奈良の豪雨にも支援をしてくれています。さかのぼれば、イラン・イラク戦争の邦人避難をトルコ航空で支援してくれたところも、忘れることはできません。なによりも、あの人懐っこくて、演歌調で、涙もろくて、ナンパ好きな、あのトルコの人たちが、前を向いてくれるよう、励ましていきたいと思っています。(追記)和歌山県庁・串本町がトルコへの義捐金を募っています。紀陽銀行への振込みになります。くわしくは和歌山県庁のHPへhttp://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/022100/turkiye/zisin.html

被災地との絆

被災地との絆
被災地との絆
被災地との絆
被災地との絆
被災地との絆
最近は被災地支援に時間を割いていて、なかなかブログに向き合えません。朝晩の寒さがこたえる東北へ、自分のできることをただコツコツやり続けようと、洋服やあんかなど贈っています。ブーツを送った方からはお電話いただき、宮城弁がかわいく感じられたり。定期的にお送りしているかたからは、ディズニーファイルをいただいちゃいました。記念切手を貼ってくださる気遣いに、少し気持ちに余裕もでてきたのかな、とこちらも嬉しくなります。かえって、広島に台風がきたときのこと、心配されてました。いままで縁のなかった土地に知り合いができることが、少しでも希望につながれば、わたしも前を向いていける気がします。しかし、ご覧の通りわたしが包装するとガムテープの張り方に難あり、と最近は家族にパッケージを頼んでいます。運送はファミリーマートで取り扱いのある「はこboon」で。早いし、重さで料金が決まるから、衣類とか軽いのにかさばるものにはかなり安くなるのでぴったり。すっかりファミリーマートの店員さんとも馴染みになりました。タイの洪水も心配です。たまたま自分ではなかっただけ、という意識を忘れず、わたしが
つながれる数人にでも、ほっこりした気持ちを生み出すために何かできることをしていきたいと思っています。

リニューアルオープン

リニューアルオープン
リニューアルオープン
リニューアルオープン
富士見町のフジグランがリニューアルオープンということで、行ってきました。食パンやらティッシュペーパーやら目玉商品もあり、大賑わいでした。友人がバイトしていたミスドも健在。場所はいまはbistro309が入れ替わっていますが。卒業生にもバッタリ会ったりしました。そして、宮城登米に送る荷物作り。秋冬物や、調味料、年配の方には落ち着いた羽織もの、中学生にはブーツやダンガリーの上着を。現地から直接ニーズを聞いてからピンポイントで送るので、時間のロスがありません。今後は福島の仮設のかたにも送ることになりました。まだこれからが、被災地支援の正念場です。自分たちは忘れられてないんだ、と少しでもあたたかさを届けられれば…と思います。

思う気持ちのつながり

思う気持ちのつながり
思う気持ちのつながり
思う気持ちのつながり
岩手に続き、宮城県の被災地の仮設住宅にお住まいの御一家に物品を支援したら、お礼にディズニーグッズが届きました。家は全壊し、いまは高校生の息子さんと、70代の漁師だったお父さんお母さんと四畳半二間で頑張っていますと。お手紙を読んでいると、自分の持つ、欲しいものが高くて買えないとか、海外旅行に行けないとか、そんな悩みは普通の生活ができているありがたみを忘れているからだなあと思いましたね。ディズニーグッズも「私の気持ちなので受け取ってください」なんて、気にしなくていいのに。「you make me happy」とのメッセージに、自分が少し我慢することで、被災地の一人にでも望むものが与えられるなら、暖かい気持ちを自分でも生み出せるのかなあと。こちらこそ日本人らしい気持ちの連鎖をいただきました。集中講義でお邪魔した福井の大学では、まだ支援活動が続いていました。被災地では、秋からはコタツやホットカーペットのニーズが高まります(ガスストーブは供給不安や調達手段に難があるため)ので、できる支援を頑張りましょう。広島から、というだけで、こころ強く感じる方もおられるそうですし。と、福井で買ったモンドセレクション受賞の五月が瀬と越前茶を飲みつつ思う長月・・・。(越前茶は湿気が多くお茶の風味が変わりやすい福井で、緑茶と大豆を煎って飲むという生活の知恵から生まれた伝統製法なんだそうです。)日本のいいところは大事にしたいですね・・・。

忘却と絆

忘却と絆
忘却と絆
忘却と絆
忘却と絆
忘却と絆
アメリカ在住時の友人から結婚60周年パーティーの案内状が届きました。1951年の結婚とは…。いつも見ている「おひさま」の時代背景と同じ頃。すごいなあ。仕事で広島にいないし、残念ながら行けないけど(遠いし)、わたしの存在を思い出していただいただけでもうれしいですね。そして、被災地の宮城県に送る衣類とか準備。前はネットショッピングでポチ
ってましたが、最近はニーズに合わせて、家にある新しいものをかき集めたり、支援する人の特性にあわせたものを足したり、お手紙を書いたりして送っています。このアメリカ人夫婦をはじめ、自分がつらいときはいつも誰かにささえてもらったのだから、今度は自分に出来る何かで、逆境にいる人の力になれたら、と思っています。まだまだ仮設に入ったばかりで仕事もなく、心に傷があるままの人が大勢いることを忘れないようにしなければ。で、こないだ行った1coinベーカリー。大体のパンが105円デス。こちらの冷やしクリームメロンパン(中はアイスクリーム!)や、マンゴージャム載せパン(なかにもマンゴー練り込んでありました)も、美味しくて大満足でした☆また掘り出し物見つけるぞ!

その他のカテゴリー

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ