ふんばろう東日本

出産体験記@Hawaii

最近のトラックバック

お財布

« メシうま!(^^)! | トップページ | 大雨の中のオープンキャンパス »

顔の見える支援

顔の見える支援
あの日から3カ月経ちました。やっと完成した仮設住宅に移ると、食料支援が打ち切られる被災地の現状。すごい臭いにたかるハエよけや、夏用の下着、長持ちする梅干しや保存のための乾麺など、今日明日を生きるための品が手元になく、お金も手元に届かないという自宅被災者は、頼るところもありません。行政の平等主義では機動的ではないので、できる範囲で直接ニーズのあるものをさまざまな地に送るのですが、その中の一カ所からお礼状をいただきました。困難な状況にいるのに、逆に気遣いをいただき、細々とした現地へのプレゼントが明日を迎えるためのさらなる助けになれば、と次への励みになります♪突然襲った悲劇。家族を失い、家を失い、先の見えない不安に押しつぶされそうになっている中、全国からの支援に感謝の気持ちを忘れない。その心根にこちらが心を打たれました。そして、わたしたちが「息の長い支援」を続けることが、日本から見捨てられていない、と信じる気持ちを持てることが、彼らの将来への希望になればと思います。消費を回すことも復興支援だし、それぞれの立場でできることを、さまざまに日々頑張ってこの困難を乗り切っていきましょう♪

« メシうま!(^^)! | トップページ | 大雨の中のオープンキャンパス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 顔の見える支援:

« メシうま!(^^)! | トップページ | 大雨の中のオープンキャンパス »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ