ふんばろう東日本

出産体験記@Hawaii

最近のトラックバック

お財布

« 沖縄離島の言葉を保存することが自分の使命@FMハムスター | トップページ | それぞれの成長 »

木が空中に浮かんでいるような光景が目の前に@FMハムスター

本日午前9時からのFMハムスターでは、経済学科の得津康義先生を迎えてお送りします。春休みに同僚と念願の台湾に行かれた、貴重な体験についてお話していただきました。台湾といえば、今回の東日本大震災に対して、世界で一番多くの義捐金(100億円を超える金額)を集めている国です。平均年収が150万弱と言われている中、みんなが痛みをわかちあってくれている。歴史的な経緯やその後のつきあいから、日本に対して好意を持ってくれているという理由をもってしても、この桁違いの優しさには心動かされます。そんな台湾の首都、台北の夜市、映画の舞台になった古い街並み「九分」でのお茶体験、そして、新幹線に乗って訪れた古都台南でのB級グルメ体験も興味深いものです。その中で一番印象に残ったのは、安平古堡にある、ガジュマルの木。その木は古いもので、枝が千手観音のように伸び、建物に絡みついています。まるで「ロードオブザリング」や、宮崎駿アニメに出てきそうな風情・・・。そんな、台湾濃厚紀行が楽しめる、Sweet Memories。どうぞお楽しみに♪

« 沖縄離島の言葉を保存することが自分の使命@FMハムスター | トップページ | それぞれの成長 »

FMハムスター」カテゴリの記事

コメント

わ、聴き逃しちゃいました(汗)
後でこっそり聴かせてもらえたらウレシイです☆
ちなみに日本から台湾への謝意はこんな形でも
伝わっています。
台湾在住のジャーナリスト、片倉佳史氏ブログ5月3日の文章を御覧ください。
http://www.katakura.net/xoops/html/modules/wordpress/index.php?m=201105

みさま

お帰りなさ~い。一足先に収録された得津さんの台湾珍道中です。4月からは担当者がかわったので、同録がどこにあるのか、イマイチまだ把握していないのですが、気長に待っていてください♪

「台湾謝謝広告プロジェクト」はわたしも知っていました。本当に感謝の気持ちを表すのは異文化コミュニケーションからみても、重要なことですし、またこのプロジェクトの企画を知った台湾のネットユーザーが「気持だけ受け取っておくから、その広告費は是非被災地に」とつぶやいていたのも、印象的でした。現地の反応をまとめてくださった方がいます。みさまなら、翻訳なくても、中国語で読めるのでしょうが・・・。
http://mantou.at.webry.info/201105/article_1.html
なかなか、いまは被災地への後方支援(食料や必要なものを調べて送付したり・・・)に時間をとられていて(また、ラジオのほうで自分の気持ちはつぶやいていますし)、ブログまで手が回らないのですが、ラジオのほうもぜひ、ゲストで出演お願いしますね♪♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木が空中に浮かんでいるような光景が目の前に@FMハムスター:

« 沖縄離島の言葉を保存することが自分の使命@FMハムスター | トップページ | それぞれの成長 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ