ふんばろう東日本

出産体験記@Hawaii

最近のトラックバック

お財布

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

しばしの休み中

スマホに変えて、悪戦苦闘中。教え子の結婚式ご招待とか、福島の実
情をうかがったり、日々真剣に生きてます。

ハワイといえば、知ってほしいこと@FMハムスター

本日午後5時からのFMハムスターでは、田中泉先生をゲストにお送りします。2月にハワイに調査に行かれた田中先生は、コーヒーで有名なコパの町へのドライブや、現地でいかに日系人がたくましく、文化変容を遂げながら自分の生きる道を探していったか、などを話してくれます。また、ホノルルのダウンタウンの北、標高約150メートルほどのところにある火山原には、パンチボウルと呼ばれる国立太平洋記念墓地があります。そこには多くの米兵が眠っていると同時に、あのオニズカ宇宙飛行士の墓標もあるとのことです。日本からの移民が、現地の文化とどう溶け込んでいったのか、今日のお話にご期待ください。

海外でもいろんな形で

海外でもいろんな形で
海外でもいろんな形で
祈る人もいれば、行動する人もいる。Forever21などのアメリカのお店が今日の売上を寄付したり、バザーをやったり、コンサートや公共広告でジョニ子が日本への募金を訴えたり。その中でも、タイのスラム街で90万円集まったというのは、驚きです。みんなが、無理をしてでもサポートしてくれてます。忘れないようにしなければ。そして、東北の人の精神力や生命力の強さ、絆の強靭さも、同じ日本人でありながら、感動するばかりです。でも、サポートする我々も、前も向いて歩かないといけないので、こんなホワイトデーのお返しにほっとします。最近はぽぽぽぽーん!かな…。

卒業式のあとで

卒業式のあとで
卒業式のあとで
卒業式のあとで
卒業式のあとで
謝恩会で学生にいただいたお花です。ありがとうございます。また、沖縄に卒業旅行に行ったゼミ生から琉球ガラスとゴーヤみそを、そして長い間お世話になった方から、手作りのボロニアやロースハムなどいただきました。みなさんと知り合えて、本当に幸せでした。広島から離れても、お元気で、ご活躍を祈っています。

支えあう。

仙台の友人が無事だと連絡があり、安堵しました。ただし、仕事柄、徹夜勤務で生活の立て直しが大変そうです。ゼミ生も、バイトも辞めたし、現地にボランティアに入れるようになったら行きたい、と言ってました。(いまは献血をオススメしました)張りつめた中、ほっとしたニュースです。もう以前の日本ではないけれど、みんなが助け合い、強く新しい日本を目指して変われるような気がします。

Pray for Japan

そして、避難所でHPをアップした若者のメッセージです。のぞいてみてください。http://prayforjapan.jp/tweet.html

また、月給が2~3ドルというアフガニスタンから、400万円も日本に送ってもらうそうで、ありがたい限りです。批判からはなにも生まれないので、前進するように協力するしかないですね・・・。

そして、オリジナルのTwitter Pray for Japanページへ。http://twitter.com/prayforjapan_jp

現地の状況を見て、もどかしい方に・・・

福島第一原発に関して、のっぴきならない状況が続いていますが、こちらに関しては専門家にまかせていくしかありません。一方、地震や津波の被害にあった被災地でも、生きるための闘いが続いています。以前ご紹介した義捐金はある程度まとまった段階で関係者に渡されるのでしょうが、いますぐ使われる支援として、自らなにもできない代わりに現地で被災者のために活動しているグループに募金をするのも有効な手助けだと思われます。以前より支援をしていた岡山の多国籍医療グループAMDAも、すでに10人の医師、3人の看護師、8人の調整員(医学生)が現地に入り、菅波茂代表自らも診療にあたられています。こちらへの活動支援はAMDAのページへ。http://amda.or.jp/articlelist/

また、今回はPWJ(ピースウィンズジャパン)http://www.peace-winds.org/jp/news/index.htmlにも支援をしましたが、このように、すでに現地で活動している団体がいくつもあります。災害支援のプロに託すのも、サポート方法として有効だと思われます。それにしても、地震、津波、原発、寒さ、余震・・・幾重にもつらい状況が押し寄せるのは、ほんとうにやるせない思いです。

東北地方太平洋沖地震災害義捐金送付先

東北地方を中心にした、太平洋沖地震の甚大な被害に、言葉も出ません。知り合いが仙台にいたり、家族や親戚が千葉や東京にいます。他人事とは思えず、ことの成り行きに息をのんで見つめています。現実の映像とは思えない光景に無力な自分が情けないのですが、現実的にできることとして、復興の手助けに無駄にはならないと思えるのが募金だと思います。ヤフーを通じて日本赤十字などに贈られる緊急義捐金には、すでに1億円以上が集まっていますが、右サイドトップにバナーを張っていますので、関心のあるかたは、クリックしてみてください(クレジットカード番号を入れるまでは、クリックで課金されることはありません)。(追記:アクセスが殺到しているのか、現在ブログパーツが表示できないようです。関心のあるかたは、yahooホームページの上部バナーから行けます)

また、政権与党である民主党に送金するのも、確実に被災者に使われると思われるので、こちらも見てみてください。(銀行か郵便局より送金)http://www.dpj.or.jp/news/?num=19859(民主党HPへ)

共同募金・災害救援金へhttp://blogs.yahoo.co.jp/kyodobokin/51904998.html

前に進むことだけを考えていたら、苦労とも思わなかった@FMハムスター

前に進むことだけを考えていたら、苦労とも思わなかった@FMハムスター
前に進むことだけを考えていたら、苦労とも思わなかった@FMハムスター
前に進むことだけを考えていたら、苦労とも思わなかった@FMハムスター
前に進むことだけを考えていたら、苦労とも思わなかった@FMハムスター
前に進むことだけを考えていたら、苦労とも思わなかった@FMハムスター
本日朝9時からのFMハムスターでは、国際地域経済学科の鈴木文三先生をお迎えしてお送りします。社会人としてのキャリアが長い先生とのお話からは、海外とのつながりを視野に入れて、就職活動したことや、自動車産業の本場アメリカでの日本車の海外広報戦略の一端など、筋の通った生き方が垣間見られます。F1にも関わった当時のお仲間とは、数十年経ったいまでも再会したり交流があるとか。いかに当時のスタッフみんながチームとしてベストを尽くしてきたか、しみじみ感じます。お楽しみに!さて、台湾土産に竹炭入りパイナップルケーキをいただきましたよ。色にはビックリしましたが☆そして、東京土産のタントマリーのカマンベールチーズケーキも本格的なお味でした。さてさて、7年経ち、プリンターの廃インク吸収体寿命が尽きたので、新しい方をお呼びしました。早い!し、液晶画面に感動ー。

春のかほり

春のかほり
春のかほり
春のかほり
春のかほり
春のかほり
また寒さがぶり返してきたここ数日。東京のねんりん屋の桜の国マウントバウムをいただきました。桜の和紙にメッセージ付きで、ありがとうございました♪桜の色味もさることながら、この縦長のマウントが、年輪の美しさを際立たせています。薄いグレイズと桜の風味もなんともいえず溶け合っています。さて、最近見つけたお役立ちグッズの水道の根元磨きとビタミンカラーの穴あきソフトバスケット。いまこの大きいサイズは洗濯かごとして人気ですが、ミニサイズを見つけたので、購入しました。なんとなく春めいた気分になってきましたよ。

思い出横丁

思い出横丁
思い出横丁
思い出横丁
広島駅で見つけ、思わずつれて帰ったキューピーちゃんと、こざくら餅です。駄菓子屋に必ずありましたよ。なんか懐かしいですよね…

ほっと☆ちゃい

ほっと☆ちゃい
ほっと☆ちゃい
ほっと☆ちゃい
めちゃめちゃ疲れたので、エネルギーチャージによく避難場所にしていたエスニックなスークへ。しっかり煮出したチャイとラッシーでほっと一息。いつもこちらに来ると気持ちが解放されます☆次回は亡くなった友人を思い出しながら、彼女がよく作ってくれてたバナナケーキを食べにこようっと。

地域にきめ細かな情報発信を@FMハムスター

地域にきめ細かな情報発信を
地域にきめ細かな情報発信を
地域にきめ細かな情報発信を
きょう午前9時からのFMハムスターでは、古本泊先生をお迎えしてお送りします。わがFMハムスターの理事長でもある、古本先生はもともと放送局のご出身だけに、地方局の歩みとともに働かれた方。テレビ創世期から現在までのメディアの発達も含めてお話いただきました。懐かしのフォークソングとともに、どうぞお楽しみに。そしてひな祭りの昨日、期間限定のさくら餡のたい焼きをいただきました。期間限定という響きに惹きつけられてしまうのですよね…。

懐かしの100円占い

懐かしの100円占い
懐かしの100円占い
懐かしの100円占い
懐かしの100円占い
昨夜は寒かったので、サムゲタンを食べに行きました。しかし、このお店、呼び出しボタンが昔懐かしの100円占いの上部についてるんですね。古き良きものを有効活用するのは、当時を思い出させる仕掛けとしても、面白いですね。サムゲタンも、酸味と甘みの融合したスープのコリコリ冷麺も、おいしかったです♪

プロの矜恃

プロのきょうじ
プロのきょうじ
月に2回しかオープンしない松珈琲店。なんとか休みが合ったので、足を運ぶことができました。やはりこの日を待ち望んだ人たちでごったがえしていました。いちいち焙煎した豆を目の前で作ってくださる新鮮さ。みなさん、辛抱強く待っています。幸い、最後の客だったために、少しお話する時間が持てました。さらに驚いたのは、わたしのグァテマラの出来に納得いかなかったそうで、なんと再度挽きはじめ、失敗?作をまるまるサービスでいただいてしまいました…。コーヒー豆が毎月高騰する今日、こんなに実直できちんとした仕事に、すっかり感服いたしました。ほんの少し、荒くなった挽きの責任をしっかりとる。プロの仕事とはなんたるか、思い知った次第です。しかし、ホントに格別においしい!

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ