ふんばろう東日本

出産体験記@Hawaii

最近のトラックバック

お財布

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

地下の生態系は想像を超えるほど奥深い@FMハムスター

Adho1本日午後5時からのFMハムスター(79.0MHz)では、堀越孝雄先生をお迎えしてお送りします。ご専門の菌根、つまりかびや酵母、きのこなどの「菌類」と、植物根の共生態を指すのですが、これにはマツタケ、ホンシメジやトリュフなど、わたしたちにもなじみのある菌類などがあります。なぜ菌根を作るのか、というと、これはもう、地中の栄養分、地上での光合成、さまAdho2 ざまな要因を考慮しつつ、生き延びるためにベストな戦略といえるもので。詳しいお話は放送を聴いていただきたいのですが、陸上植物のおよそ8割は菌根を作る、ということからも、どんなに効率のよい生き残り戦略であるか、ということがおわかりいただけると思います。近年では、菌類と植物のみならず、さらなるネットワークが地中で深く結ばれている、ということがAdho3 わかってきました。これだから、自然科学はおもしろい!わたしたちが「当たり前」と思ってきたことが、実は途方もないシステムからできていることがわかったり、「生物のなぞ」が、解明されたり、科学者の方々の絶え間なる努力のたまもので、わたしたちは世の中がすこーしずつ、理解できていくのですね。地球の歴史46億年の中で、進化の歴史がわかっていくのでAdho4 すよ。ところで、堀越先生は、ウォーキングも趣味のひとつなのですが、これがただのウォーキングではない!学生をつれて浜田まで歩く歩く計画をしたり、ご自分も福岡は肥前山田市から、静岡県の磐田市へ、または日本橋のほうからも芦ノ湖のほうへも歩いているので、東海道や古の参勤交代の道を踏破する勢いです!歩くことの効用、そして楽しみも熱く語っAdho5 ていただいている、本日のSweet memories、選曲もまた、なつかしのメロディー。なんと、ふすまの奥に眠っていた、こんな思い出のメロディー全集のようなCDをひっぱりだしていただき(封も切っていなかった・・・)、わたしまでホロっとくる、名曲の数々。何を選曲されたかは、お楽しみに。ミキサーのS君、お疲れ様でしたー。

ふしぎスィーツ

ふしぎスィーツ
ふしぎスィーツ
ふしぎスィーツ
ふしぎスィーツ
革命焼ドーナツはよもぎや、ごぼうやかぼちゃなど、素材がユニーク。また、こちらは奈良の鹿さんの手作り最中に、あんこをひとつずつ載せていきます。珍しいでしょ?

菌根がなければ人類も生きていられなかった@FMハムスター

菌根がなければ人類も生きていられなかった@FMハムスター
菌根がなければ人類も生きていられなかった@FMハムスター
菌根がなければ人類も生きていられなかった@FMハムスター
昨日は広島駅近くのジョバンニでパスタランチ。雰囲気のある店で、絶妙な茹で加減のパスタに、深みのあるベーコンとキャベツの味わいがいいですね。つけあわせのピタパンサンドもおいしい♪さて、本日午後5時からのFMハムスターでは、堀越孝雄先生をお迎えして、わたしたちを影でささえる菌根についてお話いただきます。自然の生態系に新たな視野を与えてくれますよ。どうぞお楽しみに♪

リアルタイム観戦

リアルタイム観戦
リアルタイム観戦
リアルタイム観戦
リアルタイム観戦
リアルタイム観戦
昨夜、ラジオカナダのストリーミングでリアルタイムでトリノ・パラベーラでの、世界選手権を見ていました。実況もなし、余計な追加映像もなし。その分、会場の熱狂も、一体感も、白けたムードも、すべて「誰かの視点で切り取られず」に、画面に存在していました。今夜、地上波で録画放送がありますが、スポーツはライブで見るに限りますね。結果がわかって見るのでは、ワクワクドキドキ感が違いすぎる。男子フィギュアでは早朝にライブで放送したのに、週末ゴールデンを逃したくなかったんでしょうね。営業的に、これ以上ない、キラーコンテンツなのですから。トリノのライブストリーミング見ながら、見知らぬ同士でツィッターで感想をつぶやきあう…。いままでにない、メディアコミュニケーションの形に、地上波は従来のままでは取り残されてしまうかも、ですね。さて、上海土産のお茶をいただいたり、アメリカから取り寄せたJason Wintersのお茶、そしてRF1のグラタン、春のサラダ弁当です♪サーモンのピンク、アボガドの黄緑色、レタスの緑、イクラの赤、パプリカの黄色にシバ漬けの薄紫。春のお花畑みたいな彩りが目を楽しませてくれました

またご一緒しましょう

またご一緒しましょう
またご一緒しましょう
またご一緒しましょう
またご一緒しましょう
またご一緒しましょう
広島から旅立つ夜、広島のうまいもん、みんなでご一緒しました。ブログ常連だっただけに、Gたまのご登場がなくなるのは寂しいですが、体には気をつけてお元気で。また逢いましょうね♪All the best!

さすがアメリカナイズ

さすがアメリカナイズ
前回来たとき、さくら蒸しパンが品切れだったので、いつものスタバで期間が終わる前にリベンジを。しかーし、色はキュートながら、上にグレーズがかかり、下にはあんこ入りと甘さの波状攻撃。ちょっとこれは…いくらなんでも甘過ぎだろう!アメリカのケーキを思い出します。リベンジといえば、「このメダルはリベンジではない」と言ったのは、フランスのフィギュアスケートのB.ジュベール。ボロボロだったバンクーバーから、トリノへは、テストスケートを言われるなど屈辱を乗り越えての5大会連続の表彰台。D:)は、さすがの4回転チャレンジで朝から泣かされ、昨日は織田君のありえない演技に泣かされ(ジュべのように、試練を乗り越えて、復活してくれるのを待っています)、次は女子フィギュアですね。激励の意味で(?)来週の収録では、あっこちゃんのRiverdance(Andalucia)をかけようと思います。

ビバ!ヘルシー弁当

ヘルシー弁当
ヘルシー弁当
昨日は1年近くぶりにカラオケに行ってしまいました。したら、今日、よもぎ弁当をいただいてしまいました。手作り雑穀・きのこ類やニラ・ニンニク入りの餃子やチシャの酢の物や小松菜の和え物。お豆さんも大きくて。すっかりファンになりました♪

音楽の魅力は国境を越える@FMハムスター

Anao1Anao2 本日午後5時からのFMハムスター(79.0MHz)では、ワールドミュージック特集の第二回をお届けします。収録のとき、ふらっと寄られたストリートミュージシャン、naotoさんにスタジオに入ってもらって、一緒にお送りします。naotoさんは高校を卒業したばかりの若きパフォーマー。この日Anao3 も福岡から広島に移動してきた、ということで、身の回り品と大事なギターと大荷物を抱えておられました。日ごろは大阪で活動されているそうですが、ときどき旅巡業をするそうです。この日最初にお届けするのは、東方神起の曲。まぁ、彼らは日本語で歌っているので、あまりワールドミュージックっぽくはないともいえますが、ナオトさんもよくご存知でした。続いてはポルトガルで購入した、ファドの曲。ファディスタは女性が多いのだそうで、一緒に行った姉御ともファド聴いたよね・・・(いまはフランスでお店を開き、マダムと呼ばれていますが・・・)。あの時飲んだ、姉御の誕生年のワイン、安くてうまかった~♪そうそう、ファドは地域によって、特徴が異なり、とりわけ大学町であるコインブラでは、男子大学生が告白に、ファドを歌ったそうな。うAnao4 ちのゼミ生も昔、みんなの前で弾き語りで歌ってくれたことがあって、さすがにナマ歌はしびれますよね、うん。そして、次は一転、Jazzの音色を。これもディキシーランドジャズも素敵なんですが、(くぅ~、ニューオリンズでいっぱいライブには行ったのに、CDは買って帰らなかったのが悔やまれる)今回はニューヨークで購入したCDからの曲をかけます。1920年ごろからレコードやラジオという技術革新とともに、全米に広がっていった、Jazzという音楽。学部時代の友人がJazzの発祥時の文化的背景を卒論にしていたっけ、なおちゃん、元気かな?

そして、アジアの歌姫、テレサテンの歌声を。インドネシア民謡に起源を持つ曲と、そして、アンルイスの「グッバイ・マイラブ」を中国語でカバーした曲をお送りします。以前、テレビ番組で「宇多田ヒカル」や「オードリーの春日」、「森本レオ」は、ゆらぎの声質をもっており、こればかりは練習や努力で得られるものではないのだ、という話を聴いたことがありました。テレサの声も、間違いなくその「選ばれし者」の持つ声だと思います。中国語圏のみならず、アジアの人々の心をとりこにした、テレサの歌声。意味はわからなくても、「月亮代表我的心」なんか、聴いていると心がざわざわしてきますもん。そして、最後にピックアップしたミュージシャンは、その宇多田ヒカル。といっても、全米進出したときの、Utada名義のほうの楽曲です。これは当然英語で歌っているのみならず、日本語詞で日ごろ受けているヒカルさんの世界観とはまた違う、全米マーケットを狙っている価値観の歌詞で、この違いがまたおもしろい。曲のアレンジもやはり違うし、マーケティングでいうところのlocalization(現地適応戦略?)なのですが、宇多田ヒカル本人がバイリンガルだけに、彼女の中に自然と英語で考えるときと、日本語で考えるときと、なにかと使い分けができているんでしょうね。わたしだって、英語だとタフな交渉や、クレームとかもはっきり言います。飛行機の遅れでロストバゲッジやら、乗り継ぎ地での宿泊を余儀なくされたとき、かーなーり、粘ります。ま、言わなきゃ押し切られるってところが大きいのでしょうが。しかし、日本語だとまったくもって、交渉下手で値切ることも絶対できません。二つの人格が、言葉によって使い分けられちゃうくらいなので、宇多田さんレベルだと、自然にその二つが内在しているんでしょうね。

Anao5 さて、突然ゲストのnaotoさんは、3月の終わりに自費制作CDをリリースされるそうで、また、そのCD持って、広島に寄って下さいね!この日のミキサーは、naotoさんと高校が同じ、S君でした。ありがとう♪今週もよろしくです~。

壁を突き破るとは

バンクーバーパラリンピックが閉幕しました。日本選手団は海外大会では過去最高となる成績をあげました。その功に報いるための報奨金が700万円ほど足りないと知って、驚きました。予想外の活躍に、準備予算として足りなかったこと、そのための資金となる募金が思うように集まらなかったことに起因するようです。チェアスキーで10個のメダルを持つ大日方邦子さんがその著書『壁なんて破れる』で、世界トップレベルを目指すアスリートが、仕事とトレーニングを両立させることで、練習や遠征費用をまかないながら、厳しい勝負に挑んでいる実情にふれています。彼女自身も中学時代はいじめを体験し、親戚を訪ねていったアメリカ旅行で、初めて「障がい者が自分の個性を前面に出し、自然にのびのびと共生する社会」を目の当たりにしたそうです。それをきっかけに、障がいも自分の個性、とだんだん受け止められるようになり、個性を生かせる就職先として選んだNHKで、教育番組のディレクターとして制作を担当し、忙しい日々を送りながら、アスリートとしてさらなる高みを目指す生活。いまは電通PRでのお仕事とトレーニングを両立させておられます。

今回のアイススレッジホッケーの快進撃も、世界ランキング5位の日本が、よもやの前回覇者、地元カナダを破っての決勝進出。そして、決勝戦でも世界ランキング1位のアメリカ相手に白熱した試合を展開。その躍進ぶりは、国際パラリンピック委員会会長が「日本が決勝で戦うとは、誰が予想したろう。すばらしいメダルだ。試合のために全てを捧げた選手たちは、スポーツとは何かを示したと思う。そしてパラリンピックが、純粋なスポーツの舞台であることを。(日本が優勝候補のカナダを破った準決勝で)僕は長い間、日本選手の表情から目が離せなかった。カナダが負けたのは残念だが、日本の選手たちがこの1戦に賭けた思いと乗り越えて来たものに、とても深い敬意を感じた。カナダの観衆からもスタンディングオベーションが出たが、人々が同じ思いで感動し、日本の選手をたたえたのだと思う(読売オンライン3月22日版)」と記者会見で言及したほどでした。

また、オリンピックでは感動を与えた選手として、母の急死を乗り越えて出場した、地元カナダのジョアニー・ロシェットが表彰されたように、パラリンピック精神を最も反映して活躍した選手に贈られる「ファン・ヨン・デ功績賞」に、ホッケーの遠藤隆行主将が選ばれ、そのリーダーシップと障がい者スポーツへ啓蒙活動などの功績を閉会式で表彰されました。遠藤選手は「スポーツと出合い、いろいろな障害の方と接して強くなった。障害をみんなに知ってもらい、いろんな人に理解してもらうためにいろいろなところに出て行かねばならない。そういった意識を持つことで障害者、健常者の区別がない社会ができるのではないか。その姿勢がこの精神につながったと思う(スポーツナビ3月22日版)」と語りました。こんなに世界で評価され、日本のイメージアップに貢献し、自らの限界に挑んだアスリートたちに、規定の報奨金が足りないとは、いったいどこに問題があるのでしょう。バックアップ体制の不備が、ここにも見て取れます。今回メダルをほしいままにしたウクライナは、国家的に支援が整い、さらに広く一般からの募金についても告知されているそうです。日ごろは募金のこと、わざわざ書きませんが、国の長期的な支援を考える契機にしてほしいと同時に、たちまちの今回の問題に対しては、壁を突き破ろうとひたむきに努力され、突破した、アスリートの皆さんへの賞賛の意をこめて、わずかながら(財)日本障害者スポーツ協会に送金しました。(http://www.jsad.or.jp/topfile/bokin.htm (財)日本障害者スポーツ協会HPへ)また、左下にジャパンエナジーの障がい者スポーツ応援クリック募金のバナーを貼りました。一日一クリックあたり1円を、JOMOが障がい者スポーツの団体に寄付をしてくれます。こういうコツコツとした地道な取り組みからでも、参加できることはありそうですね。

この問題が解決できないとなると、「みんな違ってみんないい」と言っている最近の社会、そして、世界第二の経済大国の本質とは何なのだろう、と考えさせられます。突き破れない壁を作っているのは、わたしたちの心、そして社会自身なのかもしれません。(この記事、実はなぜか3回もパソコンのせいで消えてしまい、そのつど書き直したので疲れました。)

Amib1Amib2Amib3さて、しばらくぶりのスィーツ話。いただいたミッシェルバッハのクッキーローゼの季節限定バージョン♪ピンクのいちごチョコのフィリングはこの時期だけだそうですよ。また、奈良で買った真田組紐の香り袋には、いろんなところにぶらさげて、癒されています。気持ちが落ち着くんですよね・・・色の組み合わせも美しいし。心がこもっているものって、いいですね。

秘密兵器

秘密兵器
秘密兵器
秘密兵器
春の嵐の後始末、避難させていたベランダの緑を元に戻したりしつつ、ひなたぼっこ。日当たりがよいので、読書もさわやかにできますよ♪そして、最近はあまり加工食品が好きでないので(おなかにきます)、カマンベールみたいな発酵食品や果物、そしていいもの見つけました。黒い焼き芋用フォイル。石焼き芋屋さんは高いので、躊躇していただけに、これでくるんで焼けば、麦芽糖が増えるんですって。本格派気分で、焼き芋を楽しめます♪10回くらい使えるそうなので、ありがたやー。

新バス停?

新バス停?
本日だけの特別バージョンです。しかし、いい天気♪

キャンパス見学会

キャンパス見学会
天気も良いし、いっぱい来場者がいるとうれしいです。

Walk to the line

昨夜、「ウォークトゥザライン・君につづく道」を見ました。ジョニー・キャッシュの歌、「I walk to the line (道を踏み外さずまっすぐに歩く)」が印象的に使われていて、なにより、Joaquin PhoenixとReese Witherspoonが、50年代の音楽シーンのイメージをこれ以上ないくらいのリアリティで表現していたのが印象的でした。てか、Reeseがあんなに歌えたとは・・・。好きなタイプの顔じゃないのに、「Legally Blonde」が上映された頃、当時働いていたアメリカの広告会社の先輩に「めっちゃめちゃいいから見に行っておいで」と言われ、勤務先が映画館の近くだったこともあり、しぶしぶ見に行って、ゲラゲラ笑い転げた、そんな素敵なコメディエンヌだとばかり思ってました。シリアスものもうまいんだなぁ・・・。

Asha1Asha2Asha3 さて、それぞれが、いま自分の選んだ進路へまっすぐ歩いていく、卒業式の話題です。10時からフェニックスホールで開催され、厳粛に式が行われました。そのあとは宇品のグランドプリンスホテルにて、謝Asha4 Asha5 恩会が開催されました。ゼミのみんな、男性陣は黒いスーツでビシっとキメて、女性陣はキリリとしたスーツあり、袴あり、と華やかさとシックなムードが混在した、不思議な空間でした。しかし、料理はバイキングになっているので、新しいものが出ると、行列になっていく、生存競争の激しAsha7 Asha6 い場でもあったり。でも、うちのテーブルではお皿にみんなのものも載せて持ってきていたので、好きなものを好きな人が箸でつまむ、というスタイルで、ほほえましい助け合いの精神が見えたり。それと、ほかのテーブルのひとと写真を撮りに行ったりして、入れ替わり立ち代りの激しいAsha8 ゼミテーブルでした。そうそう、東京在住のいとこと知り合いの学生さんがいて、わざわざ挨拶に来てくれました。礼儀正しい学生さんでしたよ~。卒業おめでとうございます。ご自身も東京勤務になるということですが。そして、K先生はゼミ生に花束をもらった、ということで、記念撮影。男子学生ばかりのゼミだそうですが、花束をプレゼントしてくれるなんて、優しい学生さんたちですね。

そして、メディアビジネス学科全体で、6時から、場所を変えての謝恩会第二弾!ちゃんとスクリーンがある会場で、さすがメディアビジネス学科、自Asha10 Asha11 Asha12 分たちで作った映像が流れております。こちらも立食ですが、意外とドリンクが充実していたり。ご歓談ののち、早速BINGOがはじまりましたよ。大物を当てたのは、ずっとみんなのカメラマンを務めていたS君Asha14 Asha15 と、こちら、幹事のO君。デジカメプリンター(?)と、フットバスです。わたしは既報のとおり、3期生の軌跡のつまったDVD。そうそう、卒業生代表のさわやかな答辞を述べた、Mさんも洋装でご登場でした。そして、クライマックスの、花束贈呈。それぞれのゼミ生から花束を渡され、先Asha17 Asha16 Asha19 生方がひとことずつ、コメントを述べていました。しかし、ドライアイス?スモーク?ぜんぜん前が見えないぞー(笑)。まるで「ザ・ベストテン」のステージのようです。昔、NHK大学生ビデオゼミナールに1年次生のときに応募したM君とか、そのビデオゼミナールに2年連続応募したI君とかとも記念撮影。そして、これまた1年から3年まで授業で一緒だったN君が、みんなの求めに応じて、即興のダンスパフォーマンス。彼はわたしの授業でも、そのダンスのもととなる、LAはサウスセントラル地区の状Asha20 Asha21 Asha22 況などについても、説明してくれたことがあります。そして、今度は夢のダンス留学。そこで結果を出して、自分の描く将来のビジョンをかなえてくださいね。応援しています。最後に、この第二弾に来たゼミAsha23 生とパシャリ。最後の最後まで、春休みに鈍行日本半周(?)旅行したゼミ長が、みんなにお土産配っていたり(わたしもひこにゃん、いただきました)、残念ながら、県外の学生とかは2次会には来られなかったんですけど、色紙にひとりひとり、ハートの中に書いてくれたメッセージ、じーんと来ました。わたしの幸せを願っていただくからには、幸せになる努力をしなければ、ですね(笑)。みなさんも自分の決めた道を、ブレることなく、まっすぐに、実直に、歩いていってください。で、いつでも遊びに戻ってきてくださいね。

奈良まつり

奈良まつり
蚊帳生地のペンケースとか、遷都1300年記念鹿のガーゼハンカチなど買ってしまいました。が、さっそく就活相談など、卒業の余韻にひたってはいられません。たまった仕事を片付けねば…。

すくすく育つ

すくすく育つ
こんなあばら屋に、不釣り合いなゴージャスな空間です。昨日の謝恩会が行われたグランドプリンスホテルでも、ミモザの花を見ましたし、いよいよ春ですね・・・。

最後に

最後に
最後に
最後に
みなさんからこんなにいただきました♪ありがとうございました。いまから、いろいろ難局も出てくると思いますが、どうか一人で悩まずに、支え合う人を見つけてくださいね。学生時代の友人にも、社会生活の中でも…。卒業おめでとうございます。

ビンゴ当たりました

ビンゴ当たりました
ビンゴ当たりました
みんなのお宝映像つきのDVD当たりました♪

謝恩会第二弾

謝恩会第二段

高校時代の恩師に

高校時代の恩師に
高校時代の恩師に
お会いする機会があり、お互い少しテレてしまいました…Yちゃんだよ>同級生。でも、33期生のことはあまり覚えていないとも。まあ一年しか習ってなかったですしね。でも、わたしにとってはあんなに厳しい先生は初めてだったので、まったくそれまでのやり方が通用せず、いちからすべてをやり直した、つまり考え方が変わった、まさに転機になった方なのに、心からの感謝を伝える言葉を選べなくて、自己嫌悪(^_^;)。で、そこでいただいたお花(ウィリアム・モリスのモチーフになりそう・・・)と、神戸からいただいたミッシェルバッハの栗の焼き菓子♪こんなダメダメなわたしなのに、見捨てておられない方々から、世の中の善きものが集まった日でした。きょうは学位記授与式。わたしのように、ずっと後になって、卒業生と思い出話をする日が来るのでしょうかね…。

ハワイで津波警報のすごさを体験しました@FMハムスター

Ataa1_2本日午後5時からのFMハムスター(79.0MHz)では、田中泉先生をお迎えしてお送りします。田中先生は先月、Hawaiiに出張で滞在されました。かの地への移民の方々の眠る、日本人墓地の調査や、もともと信仰してきた宗教との兼ね合い、現地でなにがどのように変容したのか・・・などなど、多くの方とふれあうことAtaa2 で、見つめてこられました。そして、帰国直前、チリ地震による津波警報に遭遇され、日本とは違う、津波警報に対する対処法に驚いたといいます。詳細は放送で。津波についての認識が、やはりきちんと語り継がれているようです。そして、ハワイといえば、火山島ですから、キラウェア火山にも足を運ばれたそうですよ。日本でも多くの火山がありますので、そのAtaa3 あたりとどう違うのか、田中先生の観察力が光ります。多くの日本人がいまや観光で行く、Hawaiiですが、1870年ころから、ここ、瀬戸内から多くの移民が望みを抱き、海を越えていった、ゆかりある土地。その意外な一面を知ることができます。また、おみやげにいただいた「Jade」ドライマンゴーは、結構すごい色で、思わず「明太子」と言ってしまいました。味のほうは・・・?再放送は水曜午後5時からですので、ご期待ください♪そうそう、本日の中国新聞7面に、本学の生塩睦子先生がどーんとフィーチャーされています。恩師であった、琉球方言研究者で「ひめゆりの塔をめぐる人々の手記」を出版された、仲宗根政善先生のについての思い出を語られています。こちらもぜひご一読ください。

左下にチリ大地震の被災地への募金のブログパーツを貼っています。漁業などでその近海で魚をとらせていただいたり、意外と近いつながりのあるチリ。少しでも被災者救援に興味のある方は、クリックしてみてください。クリックのみでは送金されることもありませんし、自分でクレジットカード番号を打ち込み、送金金額を選択しない限り、自分と特定されることもありませんので、その点はご心配なく・・・。

それぞれの道

Aaaze1Aaaze2Aaaze3さて、今度はもうすぐ卒業する4年ゼミ生とのお食事会です。こちらも幹事は女性陣が務めてくれました。思えば、3年前期のゼミ発表会からはじまり、奈良での研究発表、NHKビデオゼミナールへの応募、Aaaze4 Aaaze5 就職活動、そして4年の卒業研究・制作発表会、と、長いようで短いおつきあいでした。2年ゼミから一緒の学生は、3年のつきあいにもなります(中には入門ゼミ以来のひとも・・・)。わたしは男性陣のテーブルだったので、H君が鍋奉行をしてくれました。しかし、この時点ではまだ成Aaaze6 Aaaze7 Aaaze8 績が出ておらず、卒業論文組は2月過ぎまでかけて、個人指導が続いただけに、みなさんちゃんと単位が出ているかひやひやしていました。イタリア旅行中のS君はこの宴に参加できず、残念でしたね。さて、この冷奴といい、なかなか豪快なメニューが並ぶお店、「てまひまや」。ひさびさでしたが、高校生も多いのね・・・わたしが高校生のころは立ち寄り許可証とかを申請しないといけないような、厳格な時代でしたが(笑)。こちらのたこ焼き型の中にチーズがけのたこが入っていたり、お皿としても大活躍♪

Aaaze9Aaaze10Aaaze11 続いて、卒業記念プリクラを撮ろう、とゲームセンターへ。プリクラなんて、大学院時代以来かなぁ・・・しかし、この人数で撮るのはかーなーり、無理があったり。それでも、なんとかわいわいとカメラの前に収まり、その後、ペイントするのがまた楽しいそうです。まったく女性陣におまかせで、男性陣は蚊帳の外。というか、すこーしゲームしてました・・・。で、できあがったのがこちら!画像データもいただいたので、いつでもプリントできるのです。進化しましたね~、いまどきのプリクラ。ともあれ、地元Aaaze12 に帰った学生も、この日はみんな広島に集結して、楽しいひと時を過ごせてよかったよかった。あとはまた、卒業式に笑顔であいましょう。

いつまでも明るく楽しく美しく

春休みにおでかけしたときの記事が書けなくて。いや、2月のお仕事での奈良から書いてない・・・★しかし、そうこうしていると春休みが終わるので、ぼちぼちアップしていかねば。

AameAame1まずは2月20日の「林ゼミ卒業生と愉快な仲間たちの会」。幹事のTさんとEさん、みんな社会人で忙しい合間を縫って、連絡有難うございます。そして、お店のチョイスは丸海屋。こんなスペシャルビールや箸袋に、おもわずほっこり笑ってしまったのでした。そして、そうでした、この学年、なぜか最初の一杯が「とりあえずビール」ではなく、「とりあえずカシスオレンジ」だったのですよね。いつも、「それは社会に出たらどうかな~」と言い続けていましたが、卒業して一年たったせいか、「とりあえずカシスオレンジ」率が激減!社会の荒波にもまれたかな~(でも、やはりプライベAame2 Aame4 Aame6 ートの飲み会なのでカシスオレンジも出現!ぷぷぷ)。そのうち某氏の爆弾発言により、急遽共同記者会見の様相を呈してきました。いやぁ、ホントに社会に出ただけにしっかりしてるわ・・・。お仕事で遅れてくる人もあり、そして冬なのに春が来た人の報告会も。さまざまな人生模様が垣Aame5 間見Aame7 Aame8 えて・・・。お店は海鮮系居酒屋ですので、新鮮なお魚系を頼む人多し。でもみんなほんとに仲良しで、うらやましいことです。仕事で大変なときも、プライベートで山あり谷ありなときも、遠距離恋愛で心寂しいときも・・・それぞれ助けあえる仲間がいたから、自分を見失わずにこの一年、乗り切れた様子がうかがい知れて、大学という場で見つけた友人の存在の尊さを、自分もまた思い出したのでした。で、最後のデザートのアイスは全種類みんなが頼んで、目隠しクイズやってました。かぼちゃ味とAame9 Aame10 Aame12 Aame11 か~、いちごミルフィーユ味とか~、当てっこするのです。いやはや、その明るさ、朗らかさをいつまでもなくさないでね。で、また来年、みんな元気でお会いしましょう♪♪

甘いものの魔力

甘いものの魔力
甘いものの魔力
甘いものの魔力
台湾の学生さんからいただいた牛乳糖が回ってきました、わい♪昨日も4年生は元気にサッカーしてました。そして、かの有名なジャワカレー屋さんに約束通りみなさんをお連れできました。詳細はいずれまた。会議3つ終わって、泥のようにヘロヘロです。足の故障を心配してくれたゼミ生がいたのですが、よくブログを読んでくれてますね。

学科のみんなで謝恩会

学科のみんなで謝恩会
学科のみんなで謝恩会
来週火曜日の卒業式後に卒業する学生たちが主催で謝恩会を開催するそうで、招待状をいただきました♪企画・連絡など大変だったと思いますが、当日も楽しみにしています。過去、わたしが担当している番組に出演していただいた学生には番組を録音したCDをお渡ししますねー。また火曜に元気でお目にかかりましょう♪(昨年の卒業生パーティの様子)http://centre.cocolog-nifty.com/media/2009/03/2-fe62.html

夢に見たガトーラスク♪

夢に見たガトーラスク♪
夢に見たガトーラスク♪
夢に見たガトーラスク♪
「捻挫ですな」と家のすぐ近くにあった整形外科(知らなんだ。いつもバス1駅向こうに行っていた)に言われ、足を包帯でグルグル巻きにされて、雨の中をトボトボ登校したら、なんと!あのガトーハラダのラスクがメールボックスに入ってました。しかもミルクチョコレートコーティング版まで。昨日久々にハズレのモンブランを食べたばかりだったので、うれしいです♪一度は食べてみたかったものの、お取り寄せするのもどうか、と思っていたのでありがたやありがたや。入学前スクーリングのあとにコーヒーといただこうっと。そして大好きな奈良の記念切手はやはりかわいいので購入。ここのところ傷をおっているお見舞いがわりに、京都のポーチ&化粧品をいただいて、少し気分がアップしました。さてさて、もうすぐ卒業式ですが、みんなを無事送り出すためにもまずは、この足を治さねば・・・。

音楽で異国の香りを味わう@FMハムスター

Abcdj1Abcdj2本日午後5時からのFMハムスター(79.0MHz)では、月曜にお伝えしたように、ワールドミュージック特集と題して、メディアビジネス学科3年坂井涼君とお送りします。坂井君は金曜午前9時からの「ハムスターオアシス」のレギュラーパーソナリティでもありますので、話すのはお手のもの。こうやって、インド音楽(1995年の映画「ムトゥ踊るマハラジャ」の有名なテーマソング)などを紹介している合間に、合いの手を入れてくれます。日ごろは日本で簡単に手に入る音楽を聴きがちですが、旅行に行ったり、こうやって外国映画で印象に残るサウンドを耳にしたときには、その余韻を楽しむために、ついついCDを買ってしまうのでした♪しかし、この回の収録途中に、大変なトラブルが!

Abcdj4Abcdj3_2 火災報知機のテストで、ノイズが入ってしまい、録音がストップしたのが3回。しかも、そのあとは「報知器のチェックのための環境音楽」が流れ、収録用の電源もオフになってしまいました。録音は60分中もう、あと1曲で終わる、というところまできていたのに、結局30分近く中断してしまいました。いつ終わるともわからず、がっくり脱力している技術スタッフのみなさん・・・。放送用の電源とは違うものなので、放送はストップすることはなかったのですが、こういうこともあるんですね・・・。長い長い収録になりました。スタッフの皆さん、お疲れ様でした。

とりあえずサポーター

とりあえずサポーター
とりあえずサポーター
とりあえずサポーター
買ってみました。以前靱帯損傷したときは普通に仕事してしまい、結果全治3か月かかったので、無理は禁物です。今回はまあ捻挫だといいけれど。最近いただいたチョコレート菓子です。中にアーモンドがはいっていて、ついつい手がのびてしまいます。そして、留学中の親友がよく作ってくれたバナナケーキを思い出して、こちらを買ってしまいました。志半ばで亡くなった彼女を思えば、足が痛いくらい大したことじゃない、と自分に言い聞かせて。

バランス論者

バランス論者
バランス論者
昨日朝、足をひねって痛い思いをしたせいか、ラジオの収録にはスペシャルゲストが現れてくれました。わたしはいいことのあとには悪いことが起こり、逆もまたしかり、と思っているので。世の中帳尻があうようにできていると。足は痛みがひかなければ明日仕事前に、整形にでも行ってこようかな…靱帯を昔やっているので。雪なのでいろんなところが痛みますが、こんな野菜のスィーツ見つけました♪かぼちゃや紫イモのチョコレートや、トマトのプレッツェル。色鮮やかで薄味で、まさに天然原料ですね♪

世界各地の音楽の魅力を

世界各地の音楽の魅力を
世界各地の音楽の魅力を
世界各地の音楽の魅力を
世界各地の音楽の魅力を
本日午後5時からのFMハムスターでは、ワールドミュージック特集と題して、メディアビジネス学科3年の坂井涼くんとお送りします。トルコ、キューバンポップス、インド映画に日本からはゴスペラーズに二胡の調べと、多岐にわたる音楽チョイスで異文化の香り豊かにお届けします。異文化といえは、広州土産のナッツ入りお茶菓子、京都のマールブランシュの濃茶ラングドシャもいただきましたえ♪再放送は水曜日午後5時からですので、お楽しみに。(しかもー、今朝旧国道で足をひねってしまいました。負傷兵です・・・とほほ)

異国の味わいおすそわけ

旅の味わいおすそわけ
旅の味わいおすそわけ
旅の味わいおすそわけ
旅の味わいおすそわけ
旅の味わいおすそわけ
海外に行かれていた同僚からお土産が届きました。台湾のパイナップルケーキ…も、グランベリーとかマンゴーとかいろんな種類が。しかも二つのお店のパイナップルケーキ。見かけもこの通り違うし、ジャムのボリュームや甘さが微妙に違います。幸せです。さらに、韓国土産のお菓子も。でも感心したのは、袋が手作りの英字新聞を利用して作った紙バッグになっていました。エコもこんなところから、ですね。

手羽先とスペイン料理

手羽先とスペイン料理
手羽先とスペイン料理
手羽先とスペイン料理
手羽先とスペイン料理
手羽先とスペイン料理
世界の山ちゃんのスナックをいただきました♪濃いめの手羽先の味がたまりません。収録はなぜかトラブルがあったのですが、そのあとスペイン料理の夕べと相成りました。 あなごのバスク風煮込みやひよこ豆のスープ。そして、豚トログリルもキャベツのパスタもなにもかもがうまし!

ひなまつり

ひなまつり
ひなまつり
ひなまつり
ひなまつり
ひなまつり
きょうはひなまつりですね。甘酒でもかって帰ろうかしら。鳴門のお土産もいただいたので、ぷちまつりですね♪せっせとFMの進行表書いていましたが、かける予定のトルコの歌姫セゼン・アクス。CDもシックで素敵です。もちろんジャケットも歌詞カードも。国民的歌姫で、誰にきいても愛されてます。美空ひばりみたいな感じかな…。

魅惑の

魅惑の
魅惑の
魅惑の
魅惑の
魅惑の
最近、わたしの夢はヘンゼルとグレーテルに出てくるような、お菓子の家に住み、ときどき柱のビスケットをはぎとりムシャムシャ、このカーテン模様のM&Mの色遣いは少し間引いてもいいわね、ムシャムシャ、みたいな生活なのではないか、と訊かれたのは、このブログのせいな気がする…。ともあれ、好きなものとの妄想を仕事にしてしまったこちら、倉谷うららさんの本はユニークな入門書です。ダーウィンもフジツボ研究やってたのですね。パラパラまんがや、フジツボクラフトのおまけまでついてます。そして、昔なつかしいパインアメとか、京都寛永堂の「まろのおみた」は、京風みたらしだれが中にとろ~り。ごちそうさまでした♪

ゼミ飲み

ゼミ飲み
ゼミ飲み
女子ゼミ生のおかげで、無事に4年のゼミ飲み終了です♪そのあとゲームセンターでゼミプリクラを作りました。あとは卒業式を待つのみ、ですね。

ひとりひとりの運命は外部の力に大きく左右される@FMハムスター

Aod1本日午後5時からのFMハムスター(79.0MHz)では、経営学科の小谷幸生先生をお招きしてお送りします。元銀行マンの小谷先生はさまざまな国をご担当しておられたので、話題が尽きなくて、是非にとリクエストして、2回目のご登場となりました・・・。さて、シカゴでの学生時代、NY勤務のお話が前回でしたが、1995年ころからは東欧・旧ソ連の担当をされて、当時は社会主義国から市場経済へと移行していたころだけに、それぞれの国内は混乱を極めAod2 た時期でした。インフレが高じて、自国の通貨より、ドルのほうが価値を持ってしまうという事態や、ひとびとが不安を極めるのは、それまで絶対的なものと信じてきた価値観がひっくり返された絶望感。旧社会主義体制下でも、体制批判ができない現状で、アネクドート(風刺小話)で憂さを晴らし、今度はいったい誰を皮肉ればいいのか・・・。嵐に翻弄される木の葉が浮かぶようです。個人的には異文化コミュニケーションのテーマとして「ユーモアに見る国民性」とかやろうかな、と思っていた時期もあったので、興味深くうかがいました。また、旧ソ連解体後の中央アジア諸国を訪れたときのお話もあり、タシケントとかサマルカンドとか、地図でしか見たことのない土地のお話に、わくわくしました。イスラムの文化圏で、美しいブルーのモスクを目の当たりにし、そのくせ、顔立ちは同じアジア系なので、みょうに落ち着いてすごせた、とのこと。また、異文化グルメに目を白黒させたようですよ。こんな、お話だけで異国をたずねたような不思議体験ができる本日のFMハムスターのSweet memoriesは午後5時からです。どうぞお楽しみに(再放送は水曜午後5時~)♪デジカメ写真を撮れなかったので、前回のご登場の写真ですみません・・・。(しかもこの記事、一度消えちゃったので、再投稿)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ