ふんばろう東日本

出産体験記@Hawaii

最近のトラックバック

お財布

« 気分はフランスにいる感じ。 | トップページ | JavaLa第3号発行! »

戦前・戦時下の生活を想像することが平和を考える第一歩@FMハムスター

Adeu1Adeu2本日午後5時からのFMハムスター(79.0MHz)では、経済学科の竹林栄治先生にお話をうかがっています。この夏にドイツに文献収集に行かれたばかりということで、19世紀ドイツ鉄道の歴史を社会・経済との関わりとで浮き彫りにしていく、というご専門ならではのご苦労をうかがいましAdeu3 Adeu4 た。こちらにおもちいただいたのは貴重な文献のコピーなのですが、当時の資料は手書きであり、それも近代の筆記体だけに、読むのが大変だとか。何を隠そう、わたしは大学学部時代には、文学部ドイツ文学科と自分の学部の先生による「ドイツ語強化クラス」というクラスに属していまして、週に3日はドイツ人ネイティブによるAdeu6 Adeu5 発音・会話クラス、残りの週に2日は文法クラス。というように、毎日ドイツ語をやる、という環境に身を置いていました。ま、あまりモノにはならなかったのですが、語学を勉強したおかげで、ドイツ文化にはずいぶん親しんでいましたので、竹林先生のお話は大変興味深く聞いていました。なので、こちら、お土産にいただいたGruhwein(ホット赤ワイン。シナモンなどをたっぷり入れる、日本で言う卵酒みたいな?)なんかは、NHKドイツ語講座の関口一郎先生のスキャットなどで「ああ、これ見たことある♪」という、あこがれの品をいただいたのでした。

Adeu7Adeu8また、竹林先生というと、戦前・戦中の軍都としての広島の歴史を学生とフィールドワークで辿り、残された遺構や当時を知る方からの証言をふまえて広島について想像し、そのうえで日本を取り巻く当時の国際情勢と国内の政治状況とを勘案し、見えてきたものを人前で発表する、という「情報収集力、および発信力」を鍛えるゼミを運営されています。わたしも何回か、ゼミ発表会に参加させて頂きました。(2年にわたるゼミ発表の記事http://centre.cocolog-nifty.com/media/2008/11/post-317b.html)このような話の流れから、ミリメシをこの日もおもちいただきました。陸上自衛隊に納品されていた「白いカレー」。珍しいものをおもちですね・・・。わたしも福井で見つけた、元陸軍歩兵鯖江36連隊の「軍Adeu9 Adeu10 隊堅パン」をプレゼントしました。竹林ゼミの発表を見るまで、こういうものがとくに目に付くこともなかったので、わたしも関心の幅を広げていただきました。また、戦時下の生活を身近に感じることで、いまの平凡で一見退屈な生活のありがたさが身をもって理解できました。こんな多様な分野に造詣の深い、竹林先生のお話は本日午後5時からの放送です。この日のミキサーは4年ゼミのU君と2年のTさんでした。今度もよろしくお願いします♪

« 気分はフランスにいる感じ。 | トップページ | JavaLa第3号発行! »

FMハムスター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127467/46398986

この記事へのトラックバック一覧です: 戦前・戦時下の生活を想像することが平和を考える第一歩@FMハムスター:

« 気分はフランスにいる感じ。 | トップページ | JavaLa第3号発行! »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ