ふんばろう東日本

出産体験記@Hawaii

最近のトラックバック

お財布

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

答えは自分の中にある

答えは自分の中にある
白いたい焼き君たちの中にはあんこがぎゅっと詰まっているように、長い人生の年輪の中にはいろんな中身が詰まっていました。昨日、2時間半にわたって、安佐南区民文化センターにて、メディアとのつきあい方についてのワークショップをさせていただきました。一般の方の、メディア情報への懐疑心や、報道のあり方に違和感を感じていたニュースなど、心のどこかで澱のようにたまっていた気持ちが、ワークショップをきっかけに、表に出てきたようで、意見がいろいろ出てきました。わたしも気付かなかった、ネット社会と無縁な方々からの視点をいくつも教えていただきました。マスコミ情報への見かたの変化とともに、自分について、もっと他者に語れるようにコミュニケーション能力をあげていきたい、とおっしゃる方もおられたことは、誰よりも言葉の大切さをご存知だからこそ出てきた感想なのだろうと、身にしみました。30代から80代まで幅広い年齢層の方がたに受講していただいたのですが、それぞれの人生と今回の話が化学反応を起こして、少しでもいままでと違う何かを身につけていただけたら幸いです。FMハムスターのこともご存知の方が何人もおられて、うれしかったです♪

最強マロンちゃん@栗友会報番外編

最強マロンちゃん
最強マロンちゃん
最強マロンちゃん
気になっていた祇園イオンモールのマーベラスクリームに行ってきました♪ピンク色のインテリアの中、トッピングもアイスクリームも、ワッフルコーンも自分でチョイス。そしてマイナス16度の大理石の上で、ひとつずつブレンドしてくれます。パフォーマンスまでが売りなんですね。許可を得て撮影したのち、いよいよモンブラン・ミラネーゼを実食!マロングラッセの栗の粒が大きくて、マロンクリームのアイスと相乗効果で味が深い…。スポンジケーキもクオリティが高く、北海道産生クリームもまろやか。しかもチョコがけワッフルコーンは手焼きとはいえ、なかなかなくならないんですよー。ボリュームたっぷりでした♪自分へのご褒美に、ちょっと贅沢を許しちゃってもたまにはいいですね。

暑さ対策

暑さ対策
扇ぐのは結構有効なので、透かし編みみたいな柄を買ってみました♪

栗本薫さんが亡くなったというニュースは・・・ついに、という感じではありましたが、残念でした。腹水がたまり始めたとの記述もあったし、4月28日以来、日記も更新されていなかったので、心配はしていたのですが。高校時代に「魔界水滸伝」とか「グインサーガ」とか借りて読んでいました。ふと考えると、映画「Lord of the Ring」を見て、どこか懐かしい感じがしたのは、昔、グインを読んで、非現実の世界の中で、国を追われ、放浪の旅に出る勇者とか、さまざまな出自のひとびとや異形の戦士たちが団結して、迫り来る追っ手と戦い、傷つき、斃れていくという世界を、活字から想像して脳裏に展開していった過去があったからかもしれません。ご本人も楽しみにしていた、グインのアニメ化がこの4月から始まったそうで(まだ見ていないのですが)、30年間グインの世界を描き続けてきた栗本さんが、それを目にすることができたのが救いです。まだまだ書きたくて、ご本人の頭の中にはグイン130巻以降も構想があったのに、肉体が消滅してしまったことは本当に残念です。ご冥福をお祈りします。

千客万来♪

千客万来♪
千客万来♪
千客万来♪
まず蔭山ゼミ生がラジオ用取材ということで、DATを持ってやってきました。お昼やすみには、卒業したばかりの学生たちが訪ねてきました♪東京土産のもちミルフィーユをいただきましたよ。みなさん、社会でこれからが飛躍の時。がんばルンバですね(?)。(わたしが新人だった頃・・・のことを書いた記事。http://centre.cocolog-nifty.com/media/2009/03/post-682f.html と卒業記念パーティの模様http://centre.cocolog-nifty.com/media/2009/03/2-fe62.html

ひんやり、ぷるぷる

ひんやり、ぷるぷる
擬態語については、ラジオ制作のクラスでは映像がないモノゴトを伝える際に選ぶ語彙と相手に及ぼす想像力の関係として、お話ししています。が、もともと擬態語使いなわたしですので、手切りわらび餅を見つけて、ぷるぷる、わ~い♪と思わず買ってしまいました。小皿に載せる前の画像の切り口の、まっすぐな直線が、一番ぷるぷるした食感をそそる感じだったので、こちらで涼んでください♪

きょう午後5時から、平本先生をゲストに迎えてインドネシア話や、日本とアジアとのなが~い交流の歴史などについてうかがった、FMハムスターの番組が再放送になります。広島でもインドネシア料理は鷹野橋で食べられますし、バティックやJAVA teaなど食やインテリアなど関わりの深いインドネシア。知られざるインドネシアの魅力についてもうかがっていますので、どうぞお聞きください♪(広島で体験できる、インドネシアの味は鷹野橋のワルンマタハリで食べたときの様子へどうぞ

http://centre.cocolog-nifty.com/media/2006/08/post_a8ad.html 

http://centre.cocolog-nifty.com/media/2008/10/post-6ae5.html

アメリカ撮影事情・映画編

広島出身で現在ハリウッド郊外の映画学校で教えておられる、嵜野準也さんが「アメリカ撮影事情~日米の違いとは?架け橋としての役割とは?~」と題して、お話しされます。嵜野さんは映画「GOEMON」でも海外セールスや紀里谷和明監督のアシスタントを務められた人物。開催日時は5月28日(木)18時半から20時半までです。場所は広島市袋町のまちづくり市民交流プラザ6階・マルチメディアスタジオにて。入場は無料ですが、事前に主催の広島フィルム・コミッションにお問い合わせください。電話番号は082-247-6916です。

Abur1Abur2アメリカっぽいといえば、ご近所の祇園イオンモールで2回も食べた、ロッキーベアのハンバーグプレートです。この日のサラダ、ご覧の通り、かつおぶしが山のように載っております。これにライスをつければボリュームたっぷりで、がっつり食べたいときに満足でした♪

街歩きから経済が見える?@FMハムスター

Adonu2Adonu3 本日午後5時からのFMハムスターの放送は、わたしの担当なのですが。今回のゲストは同僚の国際地域経済学科の平本賢了先生です。インドネシア経済がご専門なので、インドネシア語や日本とアジア経済のふか~いつながりのお話、そして趣味の釣りやご出身の音戸町の話題など、ロハスな生活の魅力について語っていただきました♪

Adonu14年前から前期の興動館の授業を二人で担当しているので、事前の打ち合わせなどでじ~っと拝見していると、ここ最近めっきり甘党男子になられていることをハケーン!そこで、スィーツ男子ぶりを検証するべく、このミスドのドーナツバーガーを試食していただきました。感想など、詳しくは午後5時から79.0MHzを聴いてください(再放送は水曜午後5時~♪)。それから、いままでゲストが持ってこられた曲を「一曲も知らAdonu4 ない」というのは初めての経験でした。太田裕美とか、歌手名はわかるんですが(木綿のハンカチーフはカラオケでも歌いますし)、今回の曲はかなり・・・思い入れがお強いようで、アルバムの中のお気に入りの曲をチョイスされてました。(子どもの頃はザ・ベストテンに出るような歌じゃないとわからなかったのかな?>自分)ともあれ、平本先生のこだわりの選曲もお楽しみに!この日は、ゼミ生のT君がミキサーを務めてくれました。ほかに協力してくださったミキサー室のみなさんにも、ドーナツバーガーを持ち帰っていただきました。男子スィーツ部のみなさんのお口に合いましたかね?

試供品で9種類?

試供品で9種類?
兵庫の播磨屋本店のおかき詰め合わせ、試供品をすすめられ、届いてびっくり!立派な紙箱に9種類15枚も入ってました。これで送料160円のみなんて、大丈夫なんでしょうか。ほっぺたおちる朝日あげや、和三盆を使ったおかきなど、自然の風味を生かすため、専門店ならではの素材のこだわりにも並々ならぬものがあります。気になる方は店名をググッてお試しコーナーをのぞいてみてください。

12年ぶりの再会

12年ぶりの再会上記のとおりです。12年前に会って以来、同じアメリカでも会うことがなかったふたりなのに。いやぁ、当時の同僚、のりP先輩のお友だちで、一緒に飲んだりしてて、しばらくしたら某FM放送で番組パーソナリティになっていて、そのあと、アメリカはニューヨークに旅立っていっちゃいましたね。その後、わたしが学業のためカリフォルニアに行って、たまにメールやり取りしていたけど、結局そのまま会わず仕舞いで、まさかいまごろ、広島で再会するとは。で、研究室にご訪問いただきました。いやいや、ラジオのパーソナリティってホントに難しいものですね、よく話してましたね~。ということで、続きはきっと近いうちにわたしの番組で話していただけることと思います。(なんだか、続きはwebで、ではなくて続きはラジオで・・・てのは新しい!)お土産にいただいた、醤油味チョコレート♪さすがはツボを心得ていらっしゃる。試食するのが楽しみです。

12年ぶりの再会夜には大学ご近所の「しかまる」にお好み焼きを食べに行ったのですが、「FM始めたんでしょ~?」と声をかけられました。ふふふ、こちらも続きはそのうちFMで発表しま~す!

スゥィ~ツなバ~ガ~

スゥィ〜ツなバ〜ガ〜
スゥィ〜ツなバ〜ガ〜
スゥィ〜ツなバ〜ガ〜
スゥィ〜ツなバ〜ガ〜
ドーナツバーガー、ミスド側の方を食べてみました。見てわかるように、リアルにミニバーガー。ゼミ生が「ホンモノなんですね~」と言っていたくらいですから。でも、パティはパフ入りチョコで、トマトはいちごジャムに、レタスは抹茶ホイップと抹茶ソースで表現した、れっきとしたドーナツなのでした。それ以上にリアルなのはこちらのポテドさん。ほのかにポテト風味で、ケチャップまでつければ見かけほのかにチュロスでも、フレンチフライと言われたて出されたら、味も違和感ないのですから。また、モスへのインビテーションカードの文面が、逆のコピーと違ってとってもスゥィート♪こちらは各企業のコア・コンピテンスのイメージはあまり意識しなかったんでしょうか。http://centre.cocolog-nifty.com/media/2009/05/post-d7b1.html (モス側はこんな感じ)

しかし、学生が「ミスドとモス、両方行くなんて結構ミーハーですね」と笑うのですが、これはれっきとした、マーケティングコミュニケーションの実例の収集です!ぷんぷん(←嘘)。

研究室へのゲスト

研究室へのゲスト
研究室へのゲスト
研究室へのゲスト
昨日、あさみなみ区民大学での打ち合わせのために、コーディネイターの方々がわざわざ研究室にお越しくださいました。先週土曜日もお会いしましたが、この日はトルコ風に、レモンのコロン、コロンヤで香りのおもてなし。そのさわやかで、どこか懐かしいような香りを気に入ってくださって。遥か遠い国の知恵とはいえ、先人から伝わる、生活を豊かにする工夫はどこでも通じるものなのかも知れませんね。昨日は5時限にも、自分について語る時間があって、放送局時代の国際大会の取材用プレスパスを見せたりして、マスコミの仕事の現実と(笑)その魅力を説明しました。若い世代に夢を実現するために、希望をもってもらうためとはいえ、自分について話すのは冷や汗ものですね。そう考えると、毎週FMハムスターでスタジオにゲストをお迎えして、自分の得意な話を語っていただいてることに改めて感謝しました♪

P.S.昨日の放送聴いて、ゲストだったごーださんとお話してみたい、といっているリスナーの方がいましたよ♪♪反響があるってすごいことですね。反響と言えば、放送中継技法に注目している関係で、スタートから見守ってきた楽天イーグルスの今年の快進撃はすごいですね!マー君!岩隈投手!山崎さんに中村ノリ。そして、野村監督・・・バッチリ役者が揃っていて、十二球団でいま、一番ホットかも。

世界のCMフェスティバルはこの週末

世界の傑作CMをたっぷり堪能できる、フランス生まれのイベント「世界のCMフェスティバル」が今年も広島で開催されます。日時は23日(土)24日(日)両日とも、開場17時半、開演18時からです。場所はアステールプラザで料金は前売りが2500円、当日券だと3000円になります。毎回レベルの高いCMを送り出している、APA50をはじめ、マーティン・スコセッシ監督のショートムービーCMや、アップルVSマイクロソフトなどCMの世界でも比較広告をじっくり考えてみると、意外な世界観が垣間見えてきますよ。全部で200本を上映の予定で、プレゼントのもらえる抽選会もあるそうです。興味のある方は、世界のCMフェスティバル事務局へhttp://www.cmfestival.com/

昨年のイベントの模様やhttp://centre.cocolog-nifty.com/media/2008/06/post_6891.html、仕掛け人である、ジャンクリスチャン・ブーヴィエさんの講義の模様はこちらの過去記事へhttp://centre.cocolog-nifty.com/media/2008/05/cmtexmex_f2ef.html(2008年)。http://centre.cocolog-nifty.com/media/2007/05/kdk_cf77.html (2007年)

無料配布

無料配布
公共の建物に入ると、受付にマスクが置いてありました。しかし、こういう紙のマスクでは、ウィルス感染予防そのものにはそんなに効かないような…気になるひとのためですかね。

アイルランドの魅力を語る@FMハムスター

Agod1Agod2 安佐南エリアのコミュニティFM放送、ハムスターでわたしが担当している番組、Sweet Memoriesの本日分放送を先週金曜日に収録しました。ゲストにお迎えしたのは、アイルランド文学、というかアイルランド出身の世界的作家、ジョイスがご専門のごーださん。ジョイスの代表作、ユAgod31 Agod41リシーズの話をはじめ、留学先のダブリンでの学生生活、そして安佐南や中区で楽しめる、アイルランドの味などについて語っていただきました。それから、わたしたちでも実行できる英語勉強法や、ごーださんおすすめスポットなどについても・・・。最近、髪型のせいか?わたしと似てきた(いや、わたしが似てきた?)との説も聞こえる、ごーださん。アイルランド音楽や、初めて買った洋楽など、選曲にも人生の転機が透けて見えます。午後5時から(再放送水曜日午後5時)ですので、どうぞお聞きくださいね♪そうしたら、この最後の道の画像の意味がわかります。

Agod51Agod61今回、学生がミキサーをやってくれたのですが、キューシートをにらみながら、真剣にマイク音量を調節しているようですね。が、こうやってテーマ曲である、松田聖子をチラ見せしたり、ピースサインをしたりする余裕もあるようで。記録係をしてくれたT君や研修にきたTさんもありがとう♪

Agod7Agod8Agod9 この夜、ごーださんと祇園イオンモールで焼肉をいただきました。このお店、夜でもランチメニューをやっていまして、終日ランチモード。しかも、疲れていたのか、このメニューを見Agod10 Agod11 て、「バラモンランチ」に読めてしまったわたしは、目もしょぼしょぼしていたのでしょうね。上焼肉ランチでやわらかいお肉を堪能したというのに、わたしは目ざとく、いつ見ても行列の続く、「たい焼き屋」さんの列が、いつもに比べると短いことを発見。「きょうこそゲットするよ~」と意気込むと、ごーださんがややあきれていたような・・・。だって、わたしの周りの食いしん坊いえ、あたらしもの好きなひとたちでさえ「行列ができてて、まだあそこのたい焼きを食べていない」と口ぐちに言うのですもの。でも並んでみて、自分の番が近付いてきて初めて、この時間の列が短い理由がわかりました。チョコバナナとかずんだあんとか、ユニークなフィAgod12 リングはすでに売り切れていたのです、とほほ。で、どベーシックな粒あんとカスタードを買って、おうちで食べました、ぽりぽり。次回こそ、初めての味にチャレンジしてみたいと思います♪

はるばる来たね広島〜♪

はるばる来たね広島〜♪
はるばる来たね広島〜♪
今学期はモロッコからの留学生サム(本名はとても難しい)のアドバイザーをしています♪フランス語、アラブ語、英語にスペイン語を操る、マルチリンガル。アニメや漫画が好きだから、日本に来たかったそうで、夢にまで見た日本での生活が楽しくて仕方ないとはなしていました。SS田先生にいただいた、生姜風味の徳島の麦のお焼き風菓子を一緒に試食したら、ラマダン明けに食べるお菓子と味が似てるとのこと。今後も彼女のニッポンふしぎ発見を見守っていきたいと思います♪

モス新製品♪

モス新製品♪
モス新製品♪
モスバーガーとミスドのコラボレーション。ドーナツバーガーです。なんせ期間限定という言葉に弱く…。ハンバーグ部分がドーナツ形状になっていて、わさびソースがその穴の部分にたっぷり載ってます。ピリッとしまった味わいは、てりやきビーフによく合います♪しかし、このコラボ、ミスドでもやっているらしく、ミスドにおけるドーナツバーガーとは、さらに人目をひくビジュアルとか。気になります。でも二つのブランドが、同名の商品について、それぞれのブランドのコア・コンピテンスを際だたせて、違う形状で売り出している(値段も違う)のも、おもしろいですね♪

道端のお花も地域メディアですよ♪

道端のお花も地域メディアですよ♪
道端のお花も地域メディアですよ♪
散歩道でいまを盛りと咲く色とりどりのお花たち。安佐南区の花いっぱい運動で、地元のかたが丹精込めて、自分の花壇のように育てて、道ゆくひとの目を楽しませてくれています。今月末にはあさみなみ区民大学でワークショップをさせていただきますので、こういう、心をつなぐメディアについて考えていきたいと思います♪で、こちらも地域メディアのFMハムスター、わたしの番組は本日収録して月曜夕方5時(再放送水曜夕方5時)からの放送です。今回は合田先生をお迎えして英語の勉強法や留学先のアイルランドの食事情、出身地香川のオススメスポットなど、お役立ち情報を79.0MHzでお送りします。

なら学の本

なら学の本
なら学の本
奈良女子大学の寺岡先生より、「大学的奈良ガイド・こだわりの歩き方」をお送りいただきました。奈良の饅頭屋の看板娘、が前世の姿だったワタクシとしては、その妄想の根拠である漢国神社の話や、権宮司みずから個人レクチャーしていただいた(?)春日神社、遣唐使が連れ帰った中国の代宗から遣わされた宦官を迎えた平城の京のドタバタぶり。また、近代になって奈良にできたレジャーランドや大豆山突抜町(まめやまつきぬけちょう)や南京終町(みなみきょうばてちょう)など、歴史が町名となっていること話など、歴史上の事実でありながら、あまり知られることのなかった奈良でのリサーチが盛りだくさんで、実証的ながらわかりやすく、楽しく読ませていただきました。昨年も奈良で、寺岡先生とご一緒になら学フィールドワークさせていただいたおかげで、古梅園とかありありと思い浮かべながら読んでました。

で、いつものように読書のお供はアイスクリーム…といいたいところですが、こちらはリプトンのレモンティーのペットボトルの食玩です。よくできてるでしょう?いつもキャンペーンを逃してたので、今回は買えてごきげんですo(^-^)oしかーし、食玩目当てで数本購入したので、昨日、卒業生が研究室に来てレモンティーを一緒に消費してくれて、助かりました♪

オフィスチェアの進化

オフィスチェアの進化
オフィスチェアの進化
どうも肩や腰が痛いので、職場の椅子をグレードアップしました。そして、うんうんと真理の追求をしながら、つい手元にあるお土産のすだちチョコレートを食べてしまっていました。水曜はオフィスアワーで学生の相談をよく受けるので、そのときシェアしないとひとりで食べきってしまいそうです。すだちの香りがハマるんですもの。

来週月曜のFMハムスター

来週月曜のFMハムスター
来週月曜のFMハムスター
昨日、本放送がスタートしました♪わたしの担当は月曜午後5時からでして、早速初日から放送がありました。自分の声に関しては、ラジオから聴くのは気恥ずかしい気もしますが、ゲストの田中先生とのかけあい(?)は雑学知識の話から、クイズ番組研究まで、どんどん話題が広がっていくので楽しかったですね。さて、次回のゲストはアイルランド文学がご専門の合田典世先生なので、打ち合わせにイギリスのパブを再現した、Golden Burn'sへ。フィッシュアンドチップスとアイルランドの黒ビール、ギネスですが、かの地ではパイント単位なので、こういうミニグラスは見たことないね~、とかの地での記憶がよみがえってきました。わたしも激安(笑)ライアンエアでアイルランドに行ったことがあるので、モハーの断崖とか、ダブリンの街並みなんかも思い出してきました。もちろん、イギリスとの悲しい歴史も…。アイルランドの魅力や、合田先生の英語勉強法など、くわしい話は、来週月曜の放送をお楽しみに♪

言葉のチカラ

Aum1Aum2 最近、ワケあり商品が狙い目、という記事を目にすることがありますが、わたしもこのように、ワケあり梅干しをゲットしております。つぶれちゃって、皮から中身が出てしまっているので、ご家庭用に、という趣旨でびっくりするほどお安くなっていました。どうせ破れるものだし、見た目気にならないので、これだけ入ってたら、しばらくご飯のお供に困らな~い。

さて、このようにお買い得なモノ(食べ物?)を見つけると、思わずうれしくなってしまいますが、なんと「ほめられ言葉のシャワー」でも、思わずにやり、としてしまうことが判明。日頃ほめられることがまず、ないもんですから(涙)、話題の「ほめられサロン」を訪問してみますと、ほめあげられ、いったいどこまでいくのか、クールに見ていた気持ちが、どこかでにやにやに変わってしまいました。画面の文字でも誰かにほめられるとうれしくなるんですから、まわりのひとに言葉にされたら、なおさらでしょうね。でも、母の日に贈られる言葉で心が通じあうように、言葉のチカラは大きいんだから、やはり言葉にしてほめるべきときは、ほめることは大事なことなんでしょうね。http://kakula.jp/homeSalon/ (ほめられサロンHPへ)

右側画面下のブログパーツにも貼りましたので、お試しください。ただ、音が出るので、音が出せない環境の方はサウンドオフでどうぞ♪ 

いよいよFMハムスター OA!

いよいよ経大発Ham-Starオンエア
いよいよ経大発Ham-Starオンエア
経大のラジオスタジオから79.0MHzでお送りする、コミュニティFMハムスター。いよいよ11日月曜日午前11時から放送スタートです。安佐南区が放送エリアとなります。初日の午後5時から1時間はわたしがインタビュアーをしている番組、Sweet Memoriesがオンエアされます。初回のゲストは本学の田中泉先生。4月の試験放送にも出演していただきました。今回はGWに訪れたハワイの話や、驚異の雑学収集法などをうかがっています♪初日はオープニング放送ということで特別編成ですが、通常の編成では、朝9時から90分のスロットと午後12時半から60分のスロット、そして午後1時半からの90分のスロットと、午後5時から60分のスロットが経大のスタジオ発の制作番組としてオンエアされますので、ぜひお聞きください。また、番組でかける曲を探しに田中先生がわざわざ祇園イオンモールに行ってくださったお土産(?)に、ビアードパパの抹茶シュークリームをいただきました♪やさしい甘みでおいしゅうございました。ちなみに再放送は13日水曜の夕方5時からです。

Baklava

Baklava
脳天をつきやぶるか、というキーンとくる甘さながら、一度食べるとやみつきになるバクラワ。パートフィロを何層にも重ね、間にヘーゼルナッツやピスタチオを挟んで焼き上げ、ベトベトにはちみつシロップ漬けにした紀元前8世紀頃から伝わるお菓子です。トルコ人の家族は1kgくらい平気でペロリと平らげちゃうそうです。わたしは食後に一つずつ。それでもズシンと振動がきますからね(^_^;)。食文化探訪の世界は奥が深い…。

本年度第一回目の研究集会

本日13時30分から図書館4階研修室2で研究集会が開催されます。今回はメディアビジネス学科の土屋祐子先生が担当で、「市民メディアの展開と持続可能なメカニズムの検討」というテーマで発表されます。市民メディアというのは、果たして誰によってどのように実践されているのかを整理し、その分析から市民メディアの自律性、持続可能性のメカニズムについて検討し、その際重要となる「メディア・リテラシー」についての実践プログラムを提案する、という内容です。わたしも司会をさせていただきますので、ぜひご参加ください♪

put yourself in the other person's shoes

相手の靴に足を入れてみる、つまり、相手の立場になって考える、という意味ですが。

最近、あるものを購入しました。予想以上に高価で、定額給付金分があっというまに吹っ飛んでしまいましたが、必要なものだったので買いました。翌週、あちらのミスによって、金額に間違いがあることがわかりました。それがわかったときの対応は、こちらが心地よくなるほど潔く、責任者からの直接の謝罪をはじめ、関わった社員の方が何度も再発防止に努めますと説明し、いくらか使用してなくなっていたのに、全額を返金してくれました。

Abing1また、この春ヘビーローテーションしている、尾道の彩工房の帆布バッグ。広島県東部「備後地域」の活性化、備後ブランドの確立という、工房設立当初からのコンセプトを融合させ、出来上がったのが「備後浪漫」というこちらのバッグ。素材のベースである「尾道帆布」に、世界最古の天然顔料、スペインのアルタミラ壁画にも使われていた「べんがら染め」でやさしい紅色を表現。その他の藤紫、墨色、錆色の染めも素敵です。それに備後地方の技術を応用した「起毛」表面特殊処理を施すと、スウェードのような手触りになるから、あら不思議。しかも、重い本を持ってガツガツ歩き回るわたしに、「万が一に持ち手の止め具が取れたら、無償で修理しますから、いつでも送ってください」と。

前者の失敗に対しては「お客が不当に高い金額を払って、不快な思いをした。それに対してのせめてもの気持ち」という誠意が感じられ、次もこれが必要になったら、ここで買おう、と思わせるほどでした。彩工房には、備後の伝統とも言える技を駆使して、さまざまな想いを込めて送り出した、手作りのバッグのひとつひとつを、お客が長く大切に使い続けるために必要なことを提供するのは当然、という店主の矜持を感じました。どちらにも共通するのは、「相手の立場に立ってものを考えて対応しているか」という点です。ビジネスのセオリーからいけば、使った分を差し引いて返金したほうが、鞄が壊れれば買い換えてもらったほうが、儲けにつながるはずなのですが、自分がお客だった場合、こうしてほしい、というのを考えながら、仕事をしている、ということなのでしょう。

Brand loyaltyとは、a consumer's commitment to repurchase the brandと規定されますが、まさにこのコミットメントを生み出すものは、結局は自分のニーズを満たしてくれるという信頼、斟酌すれば、自分とブランドとの絆、bonds of affection なのだと改めて思いました。自分も縁あってまわりにいてくれる人たちとのbonds of affectionを大事にしていきたいと、しみじみ思うのでした。

かーくん@端午の節句

かーくん@端午の節句
かーくん@端午の節句
かぶとより、秀月作の文字の方が気になるかーくん。電話もいじってみたい今日この頃です♪

100%チョコレートカフェ

100%チョコレートカフェ
のマーブルショコラはビターチョコとホワイトチョコが練り込まれていて、ひとくちずつが濃厚なチョコレートケ−キ。しばらく外出できなかったので、結局ひとりで食べちゃいました♪こうゆうのをeat upて言うんでしょう、前置詞の勉強になるなあ…?

偶然の一致?

偶然の一致?
大学院の恩師、Simon Frithの翻訳書を読んでいます。(Simonとのやりとりの過去記事へhttp://centre.cocolog-nifty.com/media/2009/03/post-9adb.html)ジョン・レノンやクラプトンなどの出自であるアートスクールに見るイギリス社会のカテゴリーのくだりで、ビートルズ聴こうかしら、と思ってCD取り出しました。すると、表紙カバー装丁とイギリスで買ったCD4枚組のジャケットの色合いがシンクロしてました。びっくり(・_・;)。でも音楽社会学の場合は、曲聴きながら本読めるから、聴覚から来たイメージやその流行の背景となる社会・価値観を想像しながら、考察への理解が深まって面白い読み方ができますね♪

人間が書いたものが、人間に理解できないわけがない

人間が書いたものが、人間に理解できないわけがない
サマセット・モームの言葉だそうですが、翻訳とは二人(重訳はさらに増える)の人間の視野の中で、それぞれが人生で獲得した、どの語彙を選んで物語を語っていくのか…すなわち、テキストの表出や解釈に自分の人生とのコミットメントが現れる作業とも言えるのですね。文章で大事なのはリズムとかグルーウ゛感をもっているかだとか、音楽を語っているのかと見まがうような要素が重要だとは、目からウロコな話が飛び出す貴重な書でした。で、読書のお供はとろける口どけのイタリアMajaniのチョコレートです♪

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ