ふんばろう東日本

出産体験記@Hawaii

最近のトラックバック

お財布

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

沖縄料理友の会ていうか踊る集団

Aor1Aor2Aor3 ホントの会の名前は違うのですけど、沖縄料理大好き!なので、お誘いいただきまして、ひょこひょこついていってしまいました。場所は「うちな~」。最初に笹原先生のご冥福をお祈りいたしまして、思い出Aor4 Aor5Aor6話をしたあと、オリオンビールへ・・・。この日は演奏もある、というのでワクワク楽しみ♪初めてお会いする方々もおられて、(でも何らかの形で実はつながりはあったりして)最初からみなさんとばすとばす。そして、何も言わないのに料理ががっつり出てまいりますよ。だって、このテーブルのメンバーが本日の演奏者だったりするので、常連というか演奏者っていうか。しかも、学科の後輩でかつ、こちらも奏者の方々もわらわらと参集してこられて。ううむ、この混沌さがいかにも、沖縄カルチャー。いいんです、とにかく飲んで騒ごうではありませんか!(わたしゃ、翌日も仕事だったんで、一抹の不安がありましたが)

Aor10Aor11 どっかで見たことあるひとじゃないか、とか、そういうことはおっしゃらないで。しっかり仕事をしたあとは、アフターファイブを楽しむため、沖縄出身の方、広島で三線の修行をした方、沖縄に住み込んで習った方、いろんな方々が入Aor14 Aor151 り混じり、独特のリズムの音を奏で、通路で踊り、歌っている。そういう一体感とか、高揚感とか、共鳴する振動とか、そういうものを世代や仕事を超えて体感すること。そんな空間がいまの時代、なかなか見つけることが難しいですから、楽しく、そして夢のような時間でしたね♪しかAor16 し、わたしはひたすら食べていましたよ・・・翌日朝からの仕事なので、飲まない!と宣言したのに、目の前にはなぜか泡盛の美しいブルーグラスがどかっと置かれていたり・・・。「6時間寝たら、翌日はすっきりよ」とおとなりのYさま。ホントかしら、と思いつつも「いや、ちゃんとできるできるできるはずよ」と今度は暗示モードというか、プレッシャーモードというか。わかりました、頑張ります・・・。

Aor20Aor21Aor22 ちょうどさとなおの「沖縄上手な旅ごはん」を読んだばかりだったので、グルクンの唐揚げ、フーチバーの天ぷら、ゴーヤチャンプルー、島ぶどう、島らっきょ、沖縄すば、サーターアンダギーetc・・・もう何をAor23 Aor24食べても感動の波状攻撃が押し寄せてきましたよ。いやはや、うまいものを食べ、ココ ロを開放する。こういう時間って、やはり必要ですね。また演奏聞きに行きますね>Kさま。わたし、留学中に知り合ったイスラム教徒の友人が多いのですが、彼らもよく踊るんですよ。朝2時とか4時とAor25かまで普通に踊ってますね。なんだか、音楽と踊りに日常生活のなんらかを昇華するところって、シルクロードを通って、どこか琉球の文化に伝播してきたのかしら・・・。そして、ちゃんとワタクシが翌日のお仕事に起きられたかたどうか、ご心配いただいた出席者のみなさまにも、感謝しています。ありがとうございました。

トルコでも踊る集団に出会った話。(過去記事ですがhttp://centre.cocolog-nifty.com/media/2007/09/konya_093c.html

ボラティリティ変動モデル

ボラティリティ変動モデル
の数式がよくわかった方々(つまり本日の発表がよくわかる方々)を激写しました。わたしが理解できたのは使用データには日内季節性があること、ノイズがあったり、実現ボラティリティには構造変化も影響を与えることとか、日本独自の変動もあることなど、です…。いずれにしても、数学苦手なので、これ以上は難しいです。みなさまに今後とも経済に寄与するご活躍を期待させていただきまーす。

401Kプランとお菓子

401Kプランとお菓子
Adia3Adia4 同僚の皆さんが宮崎土産とか京都おかきとか東京チョコサンドとか中津川の栗きんとんとか、インドネシア土産とか郵便箱に入れておいてくださる。朝から元気が出ます♪しかし郵便箱なので、アメリカ勤務時代の401Kプランについての残高のお知らせも入っていたりする。ソーシャルAdiaセキュリティナンバーは控えてるし、連邦政府と州に数年支払った税金から、65才になったら年金は請求してみようと思ってますけど、401Kはよくわからんままなんですよね…。まあ大した金額でもないんですけど。アメリカに居住もしてないし、しかし自分の老後は自分で守らねば。勉強するしかないんでしょうね。で、とりあえず冷えから身を守るため、Isle of Skyeをはおってみましたら、I先生に「すっかり冬のいでたちですね」とお褒め(?)いただきました。

梅干はやっぱりうめ~っす。

Kisyu1またまたポチぐせが出てきてしまいました。たとえば先日は紀州の梅干もお取り寄せしました。これもね、昔、梅干が苦手だったわたし。でも海外で暮していると、日本から訪ねてくる友人が必ず、好意でお土産に持ってきてくれるんです。もったいないからと食べてみたら、結構食べられるじゃありませんか、なんか日本の奥ゆかしい酸味はいけますわね、と克服できました。肉厚の、しかも、やさしい甘みの果肉が最高~。トライアルは大体の会社で、サービス価格で提供してくれますので、お得感いっぱいです。が、それに油断してがっつり頼んでしまうと、翌月のクレジットカード明細を見て、塩をなめて暮らすことにKisyu2なってしまいます・・・。とはいえ、ここのところ旅行に行ってないから、ちょっとしたゼイタクで旅した気分を味わえるおうちごはんは、家計を脅かさないところまでは許すことにいたしましょう。

あと、寒がりなので、スコットランドからエリザベス女王とおそろいのIsle of Adia1 Skye柄の大判タータンチェックのストールをお取り寄せしてしまいました。スコットランドで寮暮らしのときには12時にセントラルヒーティングを切られるので、そのあとは備え付けのBlack Watch柄のDuvet(うす~い布団)を頭からかぶり、ぶるぶる震えながら勉強していました。だって横になったら寝てしまうし・・・でも寒いから机に向かっていても、着膨れになるくらいいろいろ着込んでいないとしんしんと冷え込む冷気に気がいってしまう。日本に冬休みに帰ったときに窮状を訴えたら、父が袖付きちゃんちゃんこを買って持たせてくれたので、その後はずいぶんマシになりました(しかし綿入りでもこもこするのでスーツケースの半分も占めて、日本食材を詰めるスペースがなくなったのは哀しかったけど・・・)。だからこそ、思い出の一ページではありますが、Black Watch柄はいやだったんですよね(笑)。寒すぎた長い夜を思い出すので・・・。(http://www.tartans.scotland.net/tartan_info.cfm@tartan_id=1641.htm

それから、昔から中嶋常幸プロのファンだったので、日本シニア、ぶっちぎり優勝はうれしかったですね♪科研費の書類をしこしこ書きながら、ヨコメでちらちらと「うわぁ、全然落ち着いているなぁ~」と危なげないラウンドを見ていました。とはいえ、辛酸をなめたからこそ、いまのひとつひとつの試合を大事にされている、その人生の浮き沈みをも目の当たりにしていますから、断然強かった頃も応援してきましたが、今後ともまた、冷静沈着なプレーで魅了していただきたいものです。え?中嶋ファンって意外でしたか?一応、杉原プロとか丸山プロとか、お仕事でご一緒したことあるんですよ、むか~しですけど。

今月の研究集会

今週30日(木)の15時から図書館4階の研修室2にて、計量ファイナンスがご専門の得津康義先生に研究発表をご担当いただきます。ご専門のボラティリティのデータを解析すべく・・・いつも研究室では3つのパソコンがフル稼働・・・しかし、ボラティリティは、いつも、舌をかみそうになるので、研究発表の要旨をそのまま掲載いたします。

「計量ファイナンスの重要なテーマの一つに、ボラティリティの推定がある。従来はボラティリティ・モデルを想定し、日次データを用いてそれらのモデルを推定することでボラティリティの推定としてきた。近年では情報処理技術の急速な発展により、高頻度データと呼ばれるレコード間隔が非常に短いデータを利用し、モデルフリーでボラティリティの推定が行われている。しかし、モデルを想定して推定を行っても、モデルフリーで推定を行っても金融時系列データのボラティリティには持続性が観察される。そこでボラティリティの持続性の原因について、一つの考察を報告する。また、最近では、長時間の財務指標データも比較的入手可能になり、それらの分析も活発に行われている。そこでこれらのデータを利用した一つの例として、企業属性の変化と配当政策に関する実証分析の結果を示す」。

Amlシンガポールの学会報告からさらに新しいデータを発展させた研究だそうです(その際のお土産にいただいたマーライオン。ただしこれはGたまの部屋のマーライオンです)。金融危機に直面し、今まで以上に注目度が増している分野ですので、みなさまもふるってご参加ください。

それから、ユニークなメンバーの揃った、メディアビジネス学科の公式ブログがスタートしました。リンクを貼りましたので、ご興味のある方は、のぞいていってみてください♪ http://media.blog.hue.ac.jp/

えち鉄のアテンダントさんと街おこし。

Ei12Mi10_29月に福井県旅歩き(あれ、食べ歩きか?)シリーズを連続投稿したころ、K藤センセから「えちぜん鉄道のアテンダントさんの本がありますよ~」とオススメいただいたのに、そのままになってしまっていました。するとアサヒ・コムにてオススメ本書評があったので、今度こそ取り寄せてみようと思います♪ちょうど、4年ゼミ生で「街おこしに必要な戦略」を事例研究していAccる学生もいますので~。しかし、ホントにえち鉄の車両そのものも、かわいかったし、なんといっても坂井平野をつっきって走り抜けていく、その車窓が広島とも違って、いい塩梅でしたよ~。また、雪深い地方で車に乗らない方々の、移動のための命綱となっている、という自らの仕事への社会的責任についての自覚があるからこその笑顔など、奥深いところまで記述されているようです。ぜひ、また乗りに行きたいですね♪(広島の街おこし!のシンボルといえばカープ坊やです♪このように起用されてる表情がまたラブリーですね) http://book.asahi.com/topics/TKY200802180163.html?ref=recd (アサヒ・コム記事へ)

http://centre.cocolog-nifty.com/media/2008/08/post_96bf.html (えち鉄過去記事①へ)http://centre.cocolog-nifty.com/media/2008/09/post-1bfa.html(えち鉄過去記事②へ)

20周年エソール祭

平成元年に広島県の女性の地位向上と社会参画の拠点として、建設された富士見町のエソール広島が20周年を迎えたという、その記念行事がこの週末に開催されています。

昨日、最初の行事として、アメリカ大統領選挙を事例に、選挙報道におけるメディアの役Aes1 割、ひいてはニュースメディアの報道姿勢に左右される投票行動、その概要を知った上でのメディアリテラシーの涵養を目指した講座を担当しました。な、なんと定員を大幅に上回る方々に会場に足を運んでいただき、テーブルが足りないくらいでした。男性の方や若手の方、また、実際に市民記者として活躍されている方々や、メディアウォッチャーの方々、C国新聞の部長さんにもお越しいただいたり、さまざまな方々のご参加をいただき心強いような、それでいて身が引き締まるような感じで、楽しく、あっというまに2時間が経ってしまいました。また、反応がビンビンかえってくるので、大変テンポよく進行させていただきました。参加者おひとりおひとり、現在のメディアの影響力についてさまざまなご意見をお持ちで、ふつーにディスカッションをするだけでも2時間盛り上がってしまいそうな勢いで(笑)、時間が足りないくらいでしたが・・・。

この講座で初めて気がついたこと、情報伝達には必ず相手がいること、また、自分の中での判断基準に自信を持つこと、などを、今後のメディアとの接触で活かしていただけるとうれしい限りです。感想をメールでいただいたり、今後やってほしいことなどご意見いただいたり、みなさんが現状のメディアについて大変高い関心をお持ちであることがわかりました。また、今回ご尽力いただいた関係者の方々、どうもありがとうございました。(そして、この週末のみのエソールの記念ランチがまた、おいしかったのです♪シーフードサラダのオードブルに始まり、さつま芋のスープ・トマトの果肉添え、ビーフカツレツのバルサミコソースでしょ、カレイとキノコの香草ソース添え、ガルニチュール(パンプキンのアーモンドスライス衣揚げ)です。エソールがもう少し駅に近かったら、通えるんですけどねぇ)←ランチやエソール記念行事に興味のある方は、本日までですので、富士見町のほうにどうぞ!

今度は3年ゼミ

今度は3年ゼミ
いま、学生懸賞論文やら、映像作品でグルジア人留学生を追っていたり、個人作業に勤しむゼミですが、昨日はキャリアセンター活用法。わざわざ一人一台パソコンをあてがわれて、懇切丁寧に説明していただきました。わたしの大学には就職課なんてなかったので、隔世の感がありますね。いずれにしても、情報を制するほど有利ですがね。

食玩ゲット♪

食玩ゲット♪
パッケージングとブランド構築の関連をテーマにしているゼミ生と話してたら、リプトンの食玩について盛り上がりました。以前、ピエールエルメのマカロンストラップをゲットしそびれたので、ゼミ生に再びキャンペーン中ときいたところ、ゼミ生が「ボンボンチョコレートバージョンでよければどうぞ」と食玩を分けてくれました♪早速USBにつけました♪授業後、他のゼミ生たちともお茶の時間に突入。もっとも、和やかな中にも、4年生ですから卒論ちゃんとやってよ!と、プレッシャーかけてしまうのですけど(^_^;)。

球場お引越し井戸端トークのご案内

原爆投下の惨状から立ち上がる市民に勇気と感動、楽しみを与えてくれ、多くの思い出を作ってくれた広島市民球場が51年の歴史に幕を下ろしました。そこで新しく生まれる「思い出づくり」の場としての「新球場」との2地点をいかに連携し、その思いをつなげていくか、という「球場お引越し」を考えるイベントのご紹介です。

日時:10月25日(土)13:00~16:00

場所:広島国際学院大学立町キャンパス

主催:広島スポーツ応援サークル「エントランス」

このパネルディスカッションには多くの大学から「カープ」を愛する研究者やスポーツライター、企画プランナーの方々などが参加され、にぎにぎしく、そして軽やかにカープについて語る趣向となっています。また、ほかのプログラムとして、お引っ越しWalk RallyやカープTシャツデザイン案なども出されるようです。わたしはこの日は、エソール広島で講演会でして、バッティングしちゃっていて参加できないのが残念なのですが、どうぞ興味のある方は足をお運びくださいね。

マイブーム

マイブーム
キャラクター好きなので、こういうステーショナリーも集めています。最近は絵手紙もとんとご無沙汰ですが、前職のときはインタビューのお礼状は絵手紙描いて送ってたんです。すると、お礼状のお礼状をいただいたり、交流が続くこともありました。最近はメールで済ませているから、あまりそういう交流に発展しませんねぇ。

べーグル祭り

べーグル祭り
昨日からなぜか食欲がない…ので、べーグル買い占め。これなら寝ぼけてても食べられるし。これにクリームチーズ、オレンジジュースがあれば、気分だけでもニューヨーカー…(妄想)。

栗チャイ

Ach1Ach2 中央通りの喫茶店で「栗Chai」というのを飲みました。そして、誕生日プレゼントに海苔焼酎というのをいただきました。いや、酒飲みではないんですよ、決して。

上海タイフーンと栗まつり♪

NHKで放映されていた、木村多江さん主演の「上海タイフーン」。よかったですね~、もう最終回で残念。もちろん、「なぜ何のコネもないのにいきなり、上海コレクションに出られるんだ」とか、「ほとんど練習の機会もないのに(お金もないのに)、まともなモデルがブッキングできたのか?」とか、ツッコミどころはあるのですけど、まぁ6回シリーズにすべてを求めても仕方ないのでそこは目をつぶって。失敗や挫折の理由を他者の責任にするのではなく、自分が状況に合わせて変わらないと、次への展開はありえない、ということに気がつき、「自力で運命を切り開く、自ら行動する女性」へと主人公の意識が変わっていくストーリーが、見ていてスカッとしました。しかも、日本と比べてもかなりタフな、変化の激しい上海が舞台、というところもおもしろくて。異文化の中だからこそ、自分の身勝手さや、自分の常識が通用しない、というところに、突き落とされて。その中から、「自分の思い込み」の不合理さに気がついていく・・・というのは、いま、「コミュニケーション論」で説明している部分と重なるところもあるので、よくわかります。木村さんはこのロケの終盤、切迫流産の危険があり、撮影を中断。無事にお子さんを出産し、再度追加撮影をして、1年放映が延びた、というほど、キャストやスタッフが時間をかけて想いを込めて作ったドラマだけに、「上海を舞台」にした、それを十分に活かした作品でした。

Akm0Akm2Akm3 さて、先月以来いろいろと栗関係のお菓子やら、自分で買った栗ご飯おむすびとか、「栗ラー」垂涎の品々がたまっていますので、とりあえずその品々を載せておきます。K藤先生からいただいた、鶴屋吉信 の栗蒸羊羹は栗がぎっしり!また京都三十三間堂前の京菓匠七條甘春堂さんのAkm6Akm5Akm7「京桃山焼栗」は、丹波栗をほどよく崩したものを混ぜ込んだ白餡を、再度栗の形に整形して焼きこんだという逸品。そしてアンデルセンのマロンパイとか、バロウズさんにお土産にいただいた栗飴、栗入りでさらに中もマロAkm4 ン餡のどら焼とか~。最後にはデトロイトより届いた、GODIVAの鳥チョコ。いや、中身はチョコですけど、巨大なチョコレートでおいしゅうございました。GODIVAをこんなにたらふく食べていいのか、というツッコミはなしで。バレンタインデーにもらったら、間違いなく本命チョコレートですね、このサイズは。それから、昨日はある方の書を見せていただいたのですが、やっぱり毛筆には味がありますね・・・見るひとによって、なんとでも解釈できるし。来週はわたしのために書いてくださる、ということなので、とっても楽しみ!違う世代、興味のある方々とお話すると、世界が広がりますね。

朝スタバ

朝スタバ
仕事の前にパワー充填しようと思って、朝スタバです。卵とベーコンの全粒粉のピアディーニにトールのカフェべロナ。ホントはぶらじるが近くにあったら通うのに。あと、休日のブランチに行きたいと思ってるのは、中央通りのIrish Breakfastです。シリアルや焼きトマト、ベーコンに卵、そしてBlack pudding(内臓のソーセージ)とかお皿に載ってるのかな、わくわく♪

グルジアからはるばる

昨日、小野1年ゼミの欠員に助っ人で入ったうちのゼミ生&松井ゼミ生との総合力で、3回戦突破までお伝えしましたが、な、ななんと、このチームはこのトーナメント戦で準優勝になったそうです!おめでとう!!またも、優勝の壁として立ちはだかったのは、A学部長チームだったそうで。強いですね~学部長ゼミ。でも、「なんかちょっと感動的でした」と応援していた学生が言っていましたので、いい思い出になることでしょう。(わたしは会議で思い出を共有できませんでした・・・)

Ageo1さて、今学期はグルジアから来た留学生のアドバイザーを拝命しています。そこで、グルジアから来たお二人が、挨拶に来てくれました。すこ~し、ロシアからのグルジア爆撃の話が本人達の口からポロっと出てきたのですが、じっくり腰をすえてその問題については話したいので、また次の機会に話し合うことにしました。明るくてお好み焼きが大好き!という二人組。もしキャンパスで見かけたら声をかけてあげてくださ~い♪

1回戦で散ったけど。

学あげての球技大会が開催されました。うちの1年ゼミは「ソフトボール」の部で参加。 Afs30 Afs2先週ぼちぼち練習し、ポジションも決めましたが、ほとんどぶっつけ本番・・・。

し~か~も、相手は強豪・3年A学部長ゼミのチーム!!

なんか、最初から相手に「強いぞオーラ」が出ていて、ちょっと気圧されていたり。

Afs3Afs4予想通りAfs5、最初からあちらは飛ばす飛ばす。いや、文字通り飛距離も飛ばすんですが・・・強いチームです。でも、うちのチームも全員参加、で、反撃開始。守備でも、飛距離の出た打球はカバーしあったり、「ドンマイ」なんて声をかけたり、で、3塁線狙ったり、「女の子なので、ハンAfs6 Afs15 ディをください!」とちゃんとアサーティブなお願いをしたり、楽しく、そして明るく2点は返したものの1回戦で散っていきました(笑)。ポジションもくるくる動いたりしていまして、全員野球、いや、全員参加のソフトボールでした♪

Afs10Afs20 メディアビジネス学科では、小野ゼミが1回戦を突破したものの、W先生ゼミとの対戦は人数が足りないということで、うちのゼミ生が2名助っ人として参加。I君はピッチャーを拝命し、なかなかの速球を投げていました。すると、ゼミのほかのメンバーも自然とみんな残って小野ゼミの声Afs14Afs11 援に回って黄色い声?をあげていたところ、今度はなんと勝利の味をかみしめることができました♪応援しているチームが勝つと、やはり気持ちいいですね。3回戦の相手は強豪チームとの情報でしたが、わたしは委員会の会議があったので山を降り、声援できなかったのですけど、果たして結果はどうだったのかしらん?

(画像が拡大にならなかったり、ポップアップにならないのは、niftyの不具合のせいだそうです。復旧作業中だそうです)

栗友会報特別便

Bbs4Bbs5いよいよ手作りの栗の渋皮煮まで来てしまいましたよ。会報。作ってくださったN子さまの母君に感謝です♪しかも差し入れで栗蒸し饅頭もいただいてしまいました。

さて、今日のスポーツ大会のため、ほかの日にもゼミ生が練習していたとか。天気もよさそうだし、まずは一勝めざしてがんばりまっしょい!

念願のBaps&Buns

Bbs1Bbs2Bbs3 広島にある、イギリス製法のべーカリー。コーンウォールで修業されたそうで、コーニッシュパスティ(中身は肉じゃがと構成要素がいっしょ。でも味付けはビーフの旨みを塩味で効かせてます)はもう、ああ、この味!と留学時代のもろもろを思い出してしみじみ…。で、ここのショートブレッドも素朴なんだけど、スコットランドにルーツを持つ、ティータイムにピッタリのバタークッキー。三越の英国展で手に入りますよ♪

懐かしい店を目にして

仕事で市内をバスで通過していたら、祖父がよく連れて行ってくれたすきやき屋が、イマ風の定食屋になっていました。まあ老舗のすきやき屋に、どれだけの来客が見込めるか、と言われればやむをえないことではありますが、個人的にはさみしいですね。先日、緒形拳さんの出演した「帽子」の再放送を見て、舞台は呉、しかも祖父の行動エリアがばんばん出ていたので懐かしく見ていました。

また、段原の新華園で久々に「新華園冷麺」を食べました。メニューは冷麺のみ。茹であがって呼ばれるまでカウンターの後ろで、じっと待つ。イマドキのサービスとはまったく違うスタイルで、客は汗かきかき、辛ウマい冷麺と格闘する。ムダ話してる客はいない、静寂の空間…。こういう、独特のリズムのある店ってずいぶん少なくなりましたね。フードサービスって画一化されてきたし。個性のある店に、客もその店主のスタイルを尊重して合わせる。だって、客にマナーを要求する店だと、知っていて選んだのは他ならぬ自分なんですものね。そんなところからも食の社会性って生まれるような気がするのですが。今晩、帰省してきた友人に会うことになったので、同じように個性的なオーナーの店に、チャレンジしてみるつもりです♪

手作りソープ

手作りソープ
デトロイトのM子さんからお誕生日プレゼントということで、いただきました♪他にもGodivaのチョコや、大好きなM&Mのカードとか、ツボ心得てくれてました。アメリカに行っても、ワタクシとの会話の内容を覚えていてくれてありがとう、です♪他のたんプレくださった方々にも、同じように悩んでいただき、そして栗を始め、すごく毎日が明るくなるようなアイテムを選んでいただいて、ありがたいと思っております。(あ、三越の地下に恵那寿やの栗きんとん、ハケーン!ただし、人気につきすぐ売り切れます…)

さらに、先ほどRちゃんからメールがあり、10日に女の子が生まれたとのこと。でかした!

インドネシア料理の誘惑

Awa1

風邪ひいて、でもゆっくり休めるのが今日だけなので休養中(書くもの読むものがたまっていますが)。うつらうつらしながら、ついレッドソックスVSレイズを見ちゃいましたけど。松坂も岩村もすごかったですね。さて、昔の記事をアップします。いただいた栗友会報の画像がいっぱいたまってるんですけど、パソコンに向かう気力がまだないのです・・・。

鷹野橋のワルンマタハリに行ったときのこと。いろいろ食べてみたかったので、お得なバリニーズコースを。前菜はたっぷり5品。とろとろのモッツァレラチーズがはさんである揚げ春巻。大豆を発酵させた健康食品、テンぺゴレン。海老入り生春巻きには野菜もきれいにアレンジされていて、見ているだけでもったいない感じ。甘酢のソースがかかっていまAwa2 Awa4 す。それから、シーフードマリネでさっぱりしたとこへ、インドネシアのおかずの定番、にんにくせんべいをぽりぽり。で、プーケットビールをごくごく。続いてのお皿では、バリ風肉団子のスープを選びました。肉がもっちりしていて、薄味のスープにちょっと落ち着きます。ゴーヤとひき肉の Awa6 Awa5Awa7 炒め物ももやしのしゃっきり感が、脇役なのに目だっていたりして。メインは、魚のトマトソースあんかけ、鳥の甘辛煮という選択肢をふりきって、牛カルビのバターソースを選びました。一番濃厚なメニューですが、その分、肉の旨みとバターが混じり合って食べ応えのある一品でした。〆のご飯ものはビーフンゴレンを。ふふふ、屋台で食べてる感じの、ご機嫌になる味でした。最後はマンゴーアイスを選び、しばし異国情緒にひたっていたのでした。インドネシアはまだ未訪の地なので、食べ物を食Awa8 べるだけでなんだか妄想が広がります。先日も、鷹野橋のぶらじるでゴージャスなランチに行きましたし(でも、ここではもちろん、モーニングを食べるべし!)鷹野橋、って実は隠れた名店がありますよ~。

#ただ、公共交通機関の最終もちょっと早め・・・。この日も広電もバスも終わっていて、タクシーでバスセンターまで。とはいえ、バスセンターまでだって800円で行けますけど。その後は、ちゃんとバスに乗り換えて帰りました♪

ノーベル賞で思うこと

日本人研究者が相次いで受賞なんて、すばらしいですね。数学のフィールズ賞にも日本人の先生方、受賞者もおられますし、日本の理系の方々のレベルは誇りに思えるものですね。このような基礎研究や理論研究が人類の発展に結びつく、というのはホントにありがたいことです。しかしそこにいたるまでにはこつこつと、ひとつのことに愚直なまでに取り組み、その上でセレンデピティを持ち合わせるセンスというものは、やはり努力なしには達成できない、と受賞者の背景などを見ることで学ばせていただきました。

アメリカにいた頃、数学分野でアメリカの大学で名誉教授になった日本人の先生のご一家とおつきあいしていました。当の先生は2年前に亡くなっていたのですが、奥さまはやはりご近所のアメリカ人コミュニティとの、一人でのつきあいにはそんなに慣れていないので、ときどき話し相手になっていました(手作りの日本食をご馳走していただいていた、とも言う)。また、世界中を飛び回っている息子さんは、アメリカで教育を受けているので、話していても「完璧に価値観やものさしはアメリカ人だなぁ~」と思うことがしばしば。南部先生や下村先生のように、その先生も日本でのポジションを捨てて、アメリカの大学に転身されたので、ご夫婦の家庭での生活や考え方は「完全に日本流」。アメリカ人として育った息子さんとお母さまとの間にある、カルチャーギャップや世代間ギャップは埋めようがなく、間に入っていると、「うう~む、二つの価値観の摩擦ってのは、国際結婚のみならず、移民(?)の1世、2世間という家庭環境でも生まれるんだなぁ」といつも、こういうケースを目の当たりにするたびに、考えさせられることが多かったですね。息子さんのガールフレンドがアイルランド人で、アイルランドに行ってレンタカーなど借りると、「君はずいぶん英語の得意なアジア人だね?留学生?」とガソリンスタンドやレンタカー会社のひととかに褒められるとか(笑)。

でも、その教授が存命中には、息子さんは「どうせパパに言ったって、わかってもらえないから」と家にあまり寄り付かず、真正面からぶつかることはなかったそうです。教授が亡くなられたあとに、「18歳でイェール大学に行った時に、パパがこう言ったのをボクは許せない」とか、「学内でトップをとっても、なんだ、100点じゃないのか、なんて言い方をされ、一度も褒めてもらったことがない」とか、お母さんに初めてホンネを語るようになって、お母さんも「それは誤解よ」とか、「お父さんは日本の男だからねぇ、言えないわよ、そんなこと」とか、伝わらなかった教授の想いについて、言葉を足していました。生前に親子がざっくばらんに話し合う機会があれば、と聞きながら残念に思ってしまいました。男親と息子なんて、いずこでもそんなもの、と言われればそうなのかもしれませんが。ふと、今回のようにアメリカに渡った優秀な研究者のニュースを見ていたら、このご一家のことを思い出しました。いまはクリスマスカードのみのおつきあいになっていますが、いつかまた再会できる日が来るのでしょうか・・・。

ソフトボール練習

ソフトボール練習
男子も女子も実践練習力入ってました。ソフトとはいえ、ウィンドミル?はかなりスピードがでてました。本番も頑張りましょう!

北海道の物産展で夕飯調達♪

月曜はお堀の隣の局で、講義に入っていただく、ゲスト講師の方と講義内容の打ち合わせ。今晩は広島市のフィルムコミッションのみなさんや他大学の先生方と映像教育セミナーについて、会議。帰りはバスセンターから帰るため、月曜には上の階で夜8時まで開催中の北海道物産展に寄ってみました。マロンホールケーキとか、洋菓子の館の栗の生パイ(一日100個限定の、最後の2個とか)などなど、栗の生菓子がわたしを呼んでいたのですけど。しかし、今週はお昼休憩も満足にとれなさそうなので、ホールケーキとかとんでもない!ひとりで食べるわけにはいきませんし。

Ahok1 そこで、甘い系は日持ちのするロイズのチョコレートのみにとどめ、(志濃里のチーズケーキとか、ペイストリースナッフルズのチーズオムレットとかも買いたかったけど!)代わりに閉店間際で200円引きになっていた、あじ彩のかに・サーモン・いくら弁当を買って帰りました♪実演販売のいか姿焼きも、縁日気分で購入。さっそくサンペレグリノ(いまは一本89円で買えAhok2 ます!夏が過ぎたからでしょうか)でしゅわしゅわしながら、北海道の栄養分をたっぷり吸収しました。今朝は、「うわぁ、真っ赤に腫れてるよ~、のど」とお医者様にも抗生物質をいただいたし、この勢いで風邪も撃退しちゃいます!みなさまも、気候の変化に上手に対応して、わたしのようにならないようにお気をつけて。(でも、今回初めて、ジェネリック医薬品を利用しましたが、すっごく安いですね。1錠あたり17円も安いって・・・差額がほとんど先発医薬品1錠分の2/3の値段じゃないですか。驚きました。)

さて、以前もご紹介しました、全国の民間放送がネットワークの枠を超えて結びついている「民間放送教育協会」のこの週末の枠で、昔お世話になったディレクターさんの作品が放映されます。交通事故で「高次脳機能障害」という後遺症を負った67歳の市民ランナーの方を追い、「走る」という生きがいから、限界を追いかけて努力を続けるご本人の姿と、それを支えるご家族を1年間取材した、ドキュメンタリーです。詳細は以下のHPをご覧ください。中国放送では10月12日(日)朝5時15分~5時45分まで、全国放送としてはテレビ朝日にて10月19日(日)朝5時15分~5時45分までのOAです。http://www.minkyo.or.jp/01/2008/07/0247247.html

気になる看板

Aest 路上観察隊シリーズです。男のエステとはどんなプログラムなのか・・・。気になるのはわたしだけでしょうか?

久々に見かけました

Adew 高校に通学していたころ、この飲みものが好きでキヨスクの売店でよく買っていました。クセはあるんだけど、ほかにない爽快な味わいがなんとも言えず。しかし、後に医者になった友人は「胃液みたい・・・」とお気に召さなかったようですが。その後、突然店頭から姿を消し、「ああ、好きなのに・・・」とさみしかったのですが。

なんと自販機で偶然、再会しました♪

先週の講義でも、この海外CMをステレオタイプ利用の事例として、使用したばかりだったので、日本でも購入可能なのだ(というか、2006年にまたマーケティングに力を入れ始めたみたい!)というのは、うれしいです。もし、街中で見かけたら、どんな味なのか、興味ある方はお試しください。

それから、栗友の会のパーティをしたいのですが、どうも風邪をひいてしまったらしく・・・しかも今週は夕方に外部のメディア関係の方々と打ち合わせが3件続いていて、NHK大学生ビデオゼミナール班の相談を受ける時間も捻出できない有様・・・。しくしく。来週は少しは楽になるといいのですが・・・。

夏休みのおすそわけ

夏休みのおすそわけ
夏休みのおすそわけ
4年ゼミで夏休みの思い出を分けあっていたら、富士山登山した学生からお土産が。信州に旅行に行った学生からもりんごパイをクラスにいただきました♪夏に違う土地でリフレッシュしたあとは、いよいよ卒論ダッシュですね!

巨星墜つ

薬師如来に快癒を祈念してきたのにあまりにも早い…。ワインについての蘊蓄や、イタリア料理の奥深さ、ウォーキングや水泳などさまざまな知識を披露していただくときの楽しそうな表情が、昨日のことのように目に浮かびます。サックスの低音が響くジャズのナンバーが流れる中、献花をさせていただきました。最後までご自分の美学を貫かれました。ご子息とも一度、お寿司をご一緒させていただき、仲睦まじいお姿を拝見していただけに、ただただ、急逝が残念でなりません。ご冥福をお祈りします。

哀しみにくれる皆様と・・・またお会いする日まで、播かれた種を大切に育てていきたいと思います。http://www.eric-clapton.co.uk/ecla/lyrics/tears-in-heaven.html (Tears in Heaven歌詞へ)

CSマジック1(?)

最初、マジック(手品)のトリックのパターンの暗号かと思いました。が。

気がついたら中日6連勝、クライマックスシリーズ進出までのマジックが1、という意味ですね。うう~む、コミュニケーションとは、相手に「解釈のためのストレス」をかけるものである、とか講義で話したばかりですが、まさにこれはそれですね・・・。ていうか、これはコミュニケーションとしての解釈の努力以前に、ストレスがかかるキーワードであります。

お気遣いに感謝♪

先月のある日、誕生日でした。別に言って回る年でもないし、とかなりおとなしくしていたのですが、終業後、お茶していた時、なにげに「明日の誕生日には・・・」と口をすべらせたところ、「え?誕生日?そりゃ~、お祝いしなきゃ!」「え”?いや、お祝いするような年では・・・」「隠さなくても、あなたの年くらい知ってますって」「あ、いや~、うむ~」「ほかに誰呼ぼうか?」「うむ~~~~~~」

Agoy1_3Agoy2Agoy3 という流れで、気がついたら、3人の同僚がかけつけてくれました。それも「寿司でしょう、やっぱり」みたいに、すっかりハレの日モード。どうもありがとうございました。このゴージャスな刺Agoy4 Agoy5 身盛り合わせからスタート!そして、海の幸の酢の物やシャコ。ここにはないけどカニの爪とかね、タコ天とか、お寿司屋さんなのに蓮根のはさみ揚げやカキフライなど揚げ物もなぜか頼んでいるのは、Tさんの若さです(きっぱり)。しかも、高級海の幸や蒲焼もしこたま頼む「鮨食べAgoy6Agoy7 Agoy8 隊」。〆にはもちろん、握り寿司。この豪遊ぶり、罰が当たらないのでしょうか。さらに、「もう夜遅いから、ケーキ・・・が調達できない。今日は車に乗れないし」と悩むひとがひとり。いやいや、ケーキなんてなくていAgoy9 いのデス。おいしいお料理。楽しい会話。これ以上、何を望むというのでしょう。しかも、ご馳走になってしまって、ホントにありがとうございました♪いくつになっても、誕生日を一緒に祝っていただけるのは、やはりうれしいことですね。さ、次は誰かな?

それから、お誕生日に際してプレゼントいただいたり、メールや封書をいただいた方々、どうもありがとうございました♪みなさまと出会って、いろんなお仕事、生き方、考え方の違いを見せていただいたことで、自分の半径1メートル以外の生活に対しても、想像力が少しは鍛えられたような気がします。近くに行く際には連絡させていただきますので、お時間が合いましたら遊んでやってくださいね♡

Apr2と~こ~ろ~で、いま、NHK大学生ビデオゼミナールの話を応募グループとしつつも、打ち合わせそのものよりもカープの話のほうが盛り上がるX2。それなのに、昨晩は大敗。中日は5回の効率よい攻撃で勝ち残り・・・うう、カープ、がんばれ~!!

最近市場にハマってたり。

Aay1Aay2 Aay4忙しい、といいつつ、9月には市場をぶらぶらする時間があ Aay3りました。やはり、つい見入ってしまAay5 うのはこちら、コロッケ、いや精肉屋さん。1個45円ですよ~。メンチカツだって55円。こちらで作っておられるし、安心ですよ。きっとこういうことを書くと、またゼミ生に「先生・・・食べたいものも我慢しなきゃ。我慢できなきゃ運動しなさい」と怒られてしまうのでしょうけど(とほほ)。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ