ふんばろう東日本

出産体験記@Hawaii

最近のトラックバック

お財布

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

ミールチョイスがこんなに!

しばらくの間、ネット接続環境のないところへ出てきますのでブログは当分おやすみです。Meets読んでると「ツレがおらんからこそ」「おひとりさま」とか、刺激的なキーワードが並んでて、ひとり旅ゴコロをくすぐられます。脱力しながら、いろいろと考えを整理してまいります。(携帯もグローバルパスポートエリアじゃないし、通じません。どうしてもな用件があればyahooかniftyのほうに英語でメールを残してください。ネット接続する予定は特にないのですけど、現地ビジネスセンターとかでつなぐかもしれません)

Allia1 ひさびさにスターアライアンスではない便に乗るので、作っちゃいました、マイレージカード。ミールチョイス、こんなにいっぱいあってもねぇ・・・コーシャーとか、ヒンズーミールとかも興味はあるけど、ま、ふつうにオリジナルでいいのです。職業欄も、教育かしら、とクリックしようかとふといちばん上に目をやると、そこにはアカデミックという文字が。こういうときは、こちらをクリックなんでしょうね・・・。日本に比べるとずいぶん細分化されておりますねぇ。こりAllia2 ゃ、まさか日本人アテンダントがいないとか??(いや、確かコードシェアだったような気がする・・・乗ればわかるでしょう♪)しかし、燃油サーチャージ料金って高い!往復で2万5千円ですよ。過去に払った記憶のないものだけに(ここ数年海外はご無沙汰だったので)、このチャージは本当につらい・・・。繊細な日本人メンタリティに染まってしまったのか、除菌クリーナーとか冷えピタシートとか青汁、カーマインローションやLushの日焼け止めとか、ずいぶん携行品が多いこと。昔はジーパン一本、背中に背負うリュックのみで夜行乗り継いで1ヵ月半ヨーロッパとか平気だったのに。年のせいで守りに入ってますね・・・しくしく。行く先はそれなりにマニアックなんですけど。

甲子園で恋に破れて。

「甲子園に、恋をした」。ABCの今年のキャッチフレーズです。決勝で敗れた広陵を応援した者としては、恋はしたけど、結果は破れた、というところでしょうか。

昨夏の高校野球決勝戦も素晴らしかったですが、今年の広陵対佐賀北も好試合でしたね。佐賀の方に「おめでとう」メールを差し上げたら、「県立の普通高校なので、佐賀県人もびっくりです」とお返事が。でもそれだけに、「ここまできたらがんばれ~」という県民の声がミラクルを後押ししたのではないでしょうか。うちの母はいまだに現役アスリート(?)なので「広陵は試合に勝っていたけど勝負に負けた感じですっきりしないわぁ」と感想が。やはり勝負師なんですね。

でも、どちらも気持ちは攻めていた。堅い守りが光った。そんな印象です。広陵も追加点がなかなか取れなかったけれども、最後の回も果敢に攻めた。ノーアウトでヒットが出て、それにヒットエンドランをしかけたり、3塁を攻めた。8回裏に逆転されてしまった以上、自分たちに残されたのはたった1回の攻撃。一か八かの判断で、機会がのぞいていたらわたしでも攻めていたと思います。粘り強さに勝った佐賀北が一枚上手だったのでしょう。ゲームセットの後、しばらく涙が止まりませんでした。甲子園でナマで見てたら、感動で・・・卒倒していたかも。いや、その前に暑さのせいで卒倒しそうですね。テレビの前で見てても、アツかったのですから。このスポーツイベントに関係したすべてのみなさま、お疲れ様でした。

強い・・・!

広陵、勝っちゃいました。何よりすごいのは、ここまでの試合、監督が炎天下で体調を崩している分、選手が自分たちで攻撃の組み立てを考え、基本に忠実にきっちり「当たり前のことを当たり前に」やれていること。こんなに緊張を強いられる場面で、平常やっている通り、自然体で打ち、守れるなんてすごい。少々キモチが高揚していても、身体が覚えているから、いつもどおりできる。そのくらい、基本的な練習を繰り返し繰り返し、気の遠くなるほど時間をかけてやってきた証なんでしょうね。それに、駒苫の試合は見ていませんが、2回戦以降、見ていて初回から負ける気がしなかった。気迫なのか、試合巧者なのか、圧倒的ななにかを凄みとしてみせてくれる、稀有なチームだと思います。この調子で全国Vだ~!!でも佐賀北も同じような凄みを持っているチームだからなぁ・・・。

そうそう、ラジオ制作のクラスのみなさん、作品はACC学生コンクールに応募しましたので、ご安心を。

アラビアン酒場で食べたもの。

Arab0 いきArab1なりTさんの研究室に飾ってある、かなえちゃんの親分みたいならくだに迎えられました(そういえば、しばらく会ってない・・・お元気?)。これは広島ではありませんが、以前ふらりと入ったお店。ギリシャ料理のムサカが食べたくなったのでこんなチョイスに。しかしムサカはなかった・・・(脱力)。「流れ行く溶岩」(ナスの一口フライミートソースがけ)に期待してみたものの、似て非なるものでした。まぁ、いずれにせよ中東料理が食べらArab2 Arab3 Arab4 れたので満足です♪「砂漠の赤い月」はトマトの肉詰め、ジェノバクリームソース。それから、レンズ豆のポタージュって初めてだったのですけど、これもすっご~くおいしい!牛肉の串焼き、シシケバブはお約束ということで。「アリババのサーベル」こと、海老のサルティンボッカも付けArab5 Arab6 合せの野菜の煮込みと一緒に。これは想像通りの味。気に入ったのは初体験の「タジン」。モロッコの土鍋料理で、トマト風味のチキン鍋とフォンドヴォーで煮込んだ牛肉の鍋の二つを頼みました。後者にはクスクスも入れて煮込んでもらいました♪

トルコビールのエフェスのピルスナーとダ ークを飲みましたが、暑い国のビールはたいていそうですが、サラリとした喉越しでArab7ごくごくいけてしまう・・・。友人にトルコに旅行したときの話を聞かせてもらいましたが、うう~、パムッカレの石灰棚、昔はフツーに入れたんだ・・・うらやましい。まぁ、マチュピチュのあたりだって、昔は行動は自由だったし、でもクスコから中華のテイクアウトをお弁当に持って行き、横にそびえるワイナピチュに登る代わりに青空見ながらお昼寝しちゃったわたし(←このあたりが動物的なひとと言われる所以?)。入山制限があるという今の観光客から見たら、もったいないことを・・・。しかし、遺跡を守るためにどんどん規制がかかるようになっちゃうのは仕方ないことなのかしら・・・。そうそう、マチュピチュから麓まで、バスで降りるわたしたちより、早く駆け下りて「グッバーイ」と叫ぶ「グッバイボーイ」という観光客の間では有名な男の子がいるのですが、そのシステム(?)が、今回このブログで初めてわかりました。そうか~、単純に双子?とか思っていたわたしだったのでした。 http://tabilog.gozaru.jp/archives/0610b.html(詳しくは『めざせ!マチュピチュ』へ)

カリフォルニアでは、ルームメイトがパレスチナ人とかイラン人だったのでよくお国の料理を食べさせてもらっていました。あのあたりの料理って、野菜と肉の煮込みが多いので日本人の口にあうと思います。まぁ、甘味だけは味覚が違うと思うほどあま~いので、ハルヴァはすごく好きですけど、バクラヴァはちょっと甘すぎて慣れるまで時間がかかりました・・・。(ハルヴァについては天空茶想的店長日記へhttp://blog.tenqoochasou.shop-pro.jp/?eid=97005 バクラヴァはTulayさんのHPへhttp://www.asahi-net.or.jp/~qk5h-oosk/tatlilar/baklava.html

NHK大学生ビデオゼミのグループへ

今日は大学生ビデオゼミナールのワークショップ、参加した学生さんはお疲れ様でした♪ネタをどのように展開していけばいいのか、現役のディレクターさんに有益な話をうかがえたと思います。さて、今日会ったゼミ生とは、ちらっといまのネタ探しについてお話しましたが、9月に入ってNHKに提出する前に必ず「構成表」か「企画書」を一度は持参するか、もしくはその前の「ネタ出し」の段階でもいいので、わたしと話す時間を設けてくださいね。他者の目を借りると、自分で見えていないものを深める機会になりますので。大学のアドレスか、yahooのほうに添付で送ってきてからでも結構です。

たとえ遠くにいても。

部屋の整理をしながら、年賀状をしげしげと見ていました。ひとりひとりの名前を見て、お顔を思い浮かべながら。メッセージに思わずほくそ笑みながら。そんな中、ひとりの友人の笑顔に思わず手を止めました。そのひとは、いま、病と闘っています。思いきり背伸びしたバーで、グラスを片手にちょっぴり大人の会話(?)を楽しんで、また来ようね、と話したのがまるで昨日のことのよう。話すたびに頭の回転の速いひとだな、といつも感心していました。遠く離れていても、みんな、あなたのことをずっと気にかけています。わたしも・・・あなたのいた空間を通るたびにテキパキと動いていた姿を思い出します。

Sky1 毎日、思わず笑顔がこぼれるようなことが、あなたに起こりますように。窓から映る夏の緑が、元気を分けてくれますように。あなたを心から愛しているひとたちに囲まれて、やすらぎを与えられますように。そしてあなたに出会えて幸せだったわたしたちがあなたを思っているというその絆が、あなたの力になりますように。早く快復して、あの笑顔に会えることを願っています。

Lushの甘い罠♪

広陵は快進撃が続いていますね。Lush0しかし、わたしの肌は紫外線でお疲れ気味。 アメリカでLush1現地の石鹸や化粧品を使っても荒れなかった強い肌が自慢なのに、これはまずい・・・と最近のマイブーム、Lushへダッシュ。英国生まれの新鮮なフルーツや野菜やエッセンシャルオイルを使って、ひとつひとつ手作りで作られている自然素材にこだわったハンドメイドのバス・スキンケアのお店です。見てくださいよ、このジェラートみたいな生パック。カカオバターとピュアブラボーの2種類をお試し。香りは勿論、チョコの甘美さに酔いしれてほえ~、なんですけど。でも、肌がちょっと疲れLush21 てる、と言ったらお店の方に薦められたのはピュアブラボー。肌の表面をくるみの殻のスクラブでマッサージ、アーモンドやはちみつ、寒天の成分でお肌しっとり、ラベンダーの香りで癒してくれるというから、こちらを購入(←)。これ、クールで持って帰らなければという新鮮さ。それにほかの種類もパパイヤ入りとかブルーベリー、ヨーグルト入りとか、アボガド入りとかフルLush3 ーツが新鮮でみずみずしくて、効果もすごそうですよ♪ていうか、思わず間違えて食べてしまいそう・・・。さて、使用してみた直後は、肌がうるうるのぷるんぷるんしてましたよ、ほんとに。ただ、生パックなので1週間で使い切らなければと思うと、ちょっとセレブ価格ですね。

Lush5Lush4こちらは「3時のおやつ」。思わずかじりたくなっちゃいそうですけどバブルバーです♪そう、プリティウーマンでジュリア・ロバーツがお風呂でふわふわやってた、あれですよ、あれ。ほかのバブルバーも購入したので、それぞれのふわふわがどんなかほりか楽しみ~。ほかにもたっぷりのはち みつ分が詰まっている石鹸、「みつばちマーチ」。これも香りがたまりません。形状Lush8もハチの巣みたいでかわいいのLush6です。もぉ、思わず女王バチになった気分。バラのかほりのサプリが終わったら、今度ははちみつのかほりを漂わせることにします♪それから、紫外線で弱った肌に一番期待大な のは、 こちらのボディローション「甘い罠」。「アーモンドオイル、カカオバターが入った、ライトなボディロLush7ーション。タンジェリン、ラベンダー、カモミール、マリーゴールドの、とりこになりそうな香りがお肌をつつみます」(説明文より)。香りもいいんですけど、塗ってから寝るとほんとにリラックスして眠れました。これはアユーラのメディテーションバスに並んで、お気に入りです♪おおっと、そういえばここでも、うちの学生が働いていました。広島のわたしの出没スポットでは、たいてい学科の学生が働いています・・・感度がいいというか、テイストが合うというか・・・。

おウチでお好み焼き

おウチでお好み焼き
て広島だとわりとフツウだと思うのですが☆食べないと禁断症状が出てきます。とはいえ、ひとりではあまり作らないので前職で福山勤務時代、関西風の店が多くて、広島風の店を探すのに苦労しました。いつか、福山と広島間のどこに、関西風と広島風のフォッサマグナ(?)があるのか、フィールドワーク(ていうかただの食べ歩き?)で明らかにしていきたいと思います。たとえ、こんな、人から見たら「そんなことわざわざ?」と思われることでも、自分なりのこだわりを持って、「知りたい!」というキモチを持つ。そして、自分なりにどうやったらその「ギモン」を解明できるのか。制作にしても、研究にしても、日々、まわりに無関心に過ごすのではなく、自ら真実に迫ろうというこの謎解きという衝動がいちばん大事なのではないかな、と。今回の関西大学でのインカレでは、多岐に渡るテーマ探し。その何が「解明すべきリサーチクエスチョンなのか」。そして指導教官と方法論を考えていき、その答えに迫ろうという経験を、参加した5大学の学生たちががんばっていました。日常の中のギモンに知的好奇心を刺激され、自分なりに謎解きにチャレンジしてみよう、ということが日常的な姿勢になる。今回の経験がそんな契機になってくれれば、と願っています。

応援しているひと。

甲子園では広陵が大勝し、うれしい限りなのですが、野球と言えばテキサス・レンジャーズの大塚晶則投手のファンだったりします。でも、最近故障者リストに入って、心配だったのですけど、ご家族のいるサンディエゴでトレーニングをされてたそうでほっとしました。しかも、大塚さんは実戦から離れているこの期間を、逆に自分を振り返る時間にあてている。たとえば、ホフマンのこの姿勢からも学ぼうとしています。http://www.aspara.co.jp/aki-otsuka/2007/08/_vol3.html(yosshaa-blogへ)ほんとに強い人は、逆境にある友人にこんなにも優しく、自ら持っているものをすべて差し出すことができるんですね。わたしもUSでの暮らしの中で、親切な友人たちに恵まれてなんとかやっていけていました。見知らぬひとでも、雪道の高速で立ち往生しているときに、一般道まで代わりに運転してくれたり、雪道でのブレーキの掛け方を即席でレクチャーしてくれたり、何人ものドライバーが入れ替わり立ち替わり、車を止めて助けてくれました(←都会の高速だったら、逆に危なかったかもですが)。こんな気高い精神を持って他者を思いやって生きている多くのアメリカ人を尊敬する一方、やはり競争社会ですから、利用するだけ利用されて踏み台にされそうになったり、日本人であるがゆえにロコツに冷たくされたりしたこともありました。

異郷のアメリカ生活の中で、大塚さんがこれだけの信頼と友情を得て、結果を出しておられることにいつも勇気をもらい、その明るさと謙虚な姿勢に感心しながら心の中で密かに応援してきました。つまりは、WBCの頃から大塚さんの男気に惹かれてるってことなんですけどね♪今後に不安を残すことのないように、右腕を完全に治して戦列復帰する日を待っています。

みんなはっぴー♪

中学時代からの友人で、いまはBBQフレンドのRちゃんから秋に結婚する、と披露パーティのご招待をいただきました。おめでとう~♪ときどき、(たぶん)このブログのぞいてくれたりしているらしいのですが、わたしこそ彼のブログ読んでま~す。いやぁ、ほんっと、はっきりしたひとで、絶対的な自分の価値観を持っている。しかもわたしとも、アメリカでの経験を実は共有していたりして(時期は違うけど)、彼のいわんとしていることが大体わかるのです。自分の体験から出てくる言葉だけに、短い行間からいつも、考えさせられる。お会いしている時は、ホワイト餃子とかきさくとか、B級グルメの話で盛り上がるけど。いやぁ、Rちゃん、男気のあるひとによくめぐりあったね~、しかも共通の趣味ももっていて。運命ってあるんだわねぇ。あのとき、あの場所であるきっかけがなければ、出会ってなかったわけですもんね。しかし、これでBBQフレンド、今年でみんなhappyになっちゃうのでは・・・?(こないだの結婚式の記事へhttp://centre.cocolog-nifty.com/media/2007/06/post_b197.html

まぁ、わたしは光源氏よろしく、ギョーザハンター1号か2号のどちらかの成長をじっと待つことに致しましょう。http://centre.cocolog-nifty.com/media/2006/08/post_5489.html (ギョーザハンターずの記事へ) しかし、この記事のころからお料理の腕はあがっていない気がする・・・。

お盆なので

お盆なので
お盆なので
94歳になる祖母の家にお盆のため、親戚で集まっています。わたしは10年以上前に若いいとこを亡くしました。突然の別れに、婚約者さんが彼の遺骨を抱いて声を殺して泣いていたのが忘れられません。この世であるタイミングで出会って、いつかは避けられぬ別離・・・そんな大切なひとを思い出し、出会った奇跡に感謝させてくれる風習のあるこの国に生まれてよかった♪とみんなで作ったごちそう食べながら思っていました。

芸術と食欲の夏にオチまでついて。

Banp1帰広して初の広島風お好み焼きを食べて、午後からひろしま美術館での山岡コレクションのギャラリートークへ。山岡コレクションでは、高橋由一、青木繁、百武兼行、五姓田義松など、明治から昭和前期の、日本画の世界に洋画が入ってきて、それまでの表現技法が変容してきた黎明期の作品群がずらっと並んでいました。洋行でタッチがガラッと変わっていたり、いろいろと試行錯誤しながら動いてた時代なんだなぁ~。ここで映像の専門家、Y本さんにばったり遭遇。お互いの近況をしばし語り合って、「これからも頑張ってね」とハッパをかけていただきました。

Banp0 そのあと、クレドホール11階の「1970年大阪万博の軌跡」を見に行きました(見下ろしたこのデッキで麦製発泡水飲んだらキモチいいだろうなぁ)。キャッチが「あの夏のあなた、あのときのニッポン。いま再び、1970年の未来へ」。しかし、大学初任給が37400円。anan創刊、黒猫のタンゴ、走れコウタローが流行った、という、あのときのニッポンを知らないと、そのBanp2Banp3の空気というか、この万博へのノスタルジーを共有することが難しい。「西洋と日本を融合させ、ずどんと可視化して昇華させる岡本太郎ってすごい!」とか(うちの4年ゼミ生は『明日の神話』の取材で、東京まで行ったらしい・・・)、「人間洗濯機、これ、いまうちにほしい」とか、円筒形のかなしみの塔のタペストリー。「ホンモノが37年の時を越えてここ、広島にあるなんて不思議なご縁。このひとおりひとおりにストーリーが詰まってるん だねぇ」とか、それぞれの展示は興味深いのですが。パビリオンコンパニオンたちのコスチュームも、森英恵、コシノジュOka ンコ、中島弘子、ジバンシーときら星のごとく有名デザイナーによって作られていたり。よく考えたら、万博って実は足を運んだことないですねぇ、つくばも愛知も行ってないし。民博行ったときに万博記念公園はお散歩しましたが、博覧会の空気を体感するのも大事ですね。生きているうちに一度は行こう・・・(これは今年1月に亡くなった友人と昨年、青山通りを歩いてるときに見た岡本太郎のモニュメント。初盆だなぁ・・・)。

Banp53時のお茶にはチーズケーキファクトリーへ♪「カシス・メルバ」を頼みました。これは、ヨーグルト入りレアチーズにホワイトチョコを浸み込ませたフリーズドライのカシスを混ぜ込んであって、魅惑のビジュアルに惹かれました。友人は定番のCCFレアチーズケーキ。デンマーク産のクリームチーズに生クリームを加えた、甘みを抑えたリッチな味わい。実はアメリカのThe Cheesecake factory http://www.thecheesecakefactory.com/default.aspの系列だと思い込んでいて、「いやぁ、日本だとサイズも日本に合わせてお上品ね」とかゆっていたので、日本固有の会社とは知らなんだ。ぺらぺらとカリフォルニアのチーズファクトリーでの体験を話して聴かせてごめんなさいね~。そのあとは、はなまるカフェのおめ ざフェアに行って、銀座若松の金つばと虎屋ういろを家族用に買Banp7い、その場では実演販売の梅ヶ枝餅か悩んだ末、大阪帰りということで高砂堂の栗赤飯まんじゅうをはふはふといただきました。これ、不思議な食感ですよ。お赤飯と栗を小麦粉の皮でふかふかにくるんで蒸してあって、ひとつで3つの味が楽しめます、うま~♪

そうそう、武蔵大学ではこの週末、白雉市民映像祭2007が開催されていました。http://www3.musashi.jp/drupal/sociology/?q=shirakiji 「大学のメディア教育を考えるシン ポジウム」では、いつもお世話になっている広島大学の匹田先生がパネリストとして、広島地区でのNHK大学生ビデオゼミナールの取り組みについてお話してくださいました。中京大学の加藤先生もご一緒だったようです。司会を務められた松本先生もお疲れ様でした。

お盆なのでしばらく実家に帰ります。そういえば、昨日は風が強かったせいか、布団がベランダから飛んでいって、落下地点の潅木やクモの巣をかきわけて布団捜索しましたよ。いやぁ、ひさびさにワイルドな時間でした。やっと拾って帰る道すがら、道行くひとたちには、布団が歩いてるように見えたのでは??どうしてまじめなはずの、わたしの生活はギャグ漫画っぽくなるんでしょうね?

大感謝♪

Koi1 知り合いのスポーツライター、田辺一球さんに球場でばったり会ったので、「広島市民球場ありがとう。」企画の話をしたら、「学生さん頑張ってるんなら、最近出した本をゼミ生に寄贈します」とおっしゃる。「ゼミ生全部で15人ですよ」と言うと「ええよ」。

Koi 忙しいひとだし、立ち話だったしなぁ、と思っていたら、インカレで不在中にじかに大学にお持ちいただいたそうで、申し訳なかったです・・・。こういう、誠意というか、口に出したことをきちんと実行する。そんな当たり前のことを誠実に積み重ねて、信用とか信頼とかって得ることができるんですね。昔の上司もスポーツ実況で全国的に有名な方でした。ほかの先輩方を含め、卓越した力を持つスポーツジャーナリストを見ていると、取材相手と腹を割って話Bpark せる関係を築けるかどうかが、対象に肉薄し、彼らのプロとしての心意気と自己鍛錬の結果を感動として映し出すために必要な要素だと感じていました。そのためには、取材者側にも目に見えない陰の努力があるのですが・・・。すぐお礼を申し上げると、「評判のすごいスタジオを見学させていただけたし(←対応してくださったOさん、ありがとうございます)、いいんですよ」とのこと。テレビ東京も制作協力している、この「CARP永久保存版2006-7」には新球場問題も詳細に記述してあります。カープファン・野球ファンゆえに、「広島市民球場ありがとう。」企画を立ち上げ、頑張っているゼミ生たちには、なによりのプレゼントでしょう。最近、ほんとにいろんな方に助けられてなんとか立っているなぁと感謝する毎日です。どうもありがとうございました♪

広陵おめでとう!

リアルタイムでは見てなかったけど、快挙。駒苫の分も甲子園で快進撃してほしいなあ。

聖地巡礼三昧

インカレでのゼミ生の発表が「広島市民球場ありがとう。」企画、わたしなりに考えると、「球場」という地域におけるエンターテイメント・コンテンツを生み出す舞台装置とメディアの関わりについてでした。広島市民球場でさだまさしが8月9日に平和コンサートを行い、スタレビの要さんとか、BEGINとか加山雄三とかが共演しているコンサートの放送がいま流れていますが。で、球場という「場」については、永井先生と橋爪先生のBpar3 Bpar4 南海ホークスについての本や井上先生のタイガース本とか先行研究として読んBpar1でいたので、それなら甲子園に行ってみちゃえ~と、エクスカーションのあと、甲子園球場へ♪広島の高校球児にとっては「広島市民球場で試合をする」というのは、「聖地で試合をする」ようなもの。当然、全国の球児にとってはここ、甲子園が「聖地」なわけで。む~ん、しかし夕方であり、全国高校野球の開幕 前だったせいか、球場前がふつうの生活道路と化していました。ていうか、それが本来の姿なんでしょうけど。でも、ツタのからまる風情とかはなんともいえず、どっしりとした伝統を感じさせます。ああ、いつかこの聖地で応援してみたいわぁ~、浜田商業の清水君が好きだったんだよね、むかし・・・(なんのこっちゃ)。

で。わたしにとってもうひとつの聖地は甲子園エリアにあるドイツ菓子のBpar5 Bpar6 店、カーべカイザー。某学会で岡田先生と知り合った頃から評判をうかがい、実際に自分でも取り寄せたり、家族や友人のために取り寄せたり。ここまで来たら、寄らずにはいられまいとやって参りました。ここも緑の配置とシックな石造りの壁がドイツの古城を思い出させてなんとも素敵♡そして、ケーキをいただこうと喫茶室へ。ま、まさかこのあと予期せぬ展開が待っているとも知らず・・・。

Bpar7 Bpar8 「はるばる来たのだからふたつ食べます、ええ食べますとも。おいしいものを食べることは我慢しない主義なので」と宣言して、わたしはふたつチョイスしました。新鮮なフルーツとさわやかな酸味のソースの融合が麗しいケーキと、サマーモンブラン。どちらも絶品でひとくちごとに悶絶しました。うう~、これはしびれる・・・。味を殺さないようにストレートティーでしっとりいBpar9 Bpar0 ただいていると背後から涼やかな声が。「わざわざ遠くからおいでいただいたというので、これもどうぞ。最近人気なんですよ」と、なんとお店からふわふわシフォンロールを差し入れしていただきました。わたし、こう見えてもケーキバイキングは行かないひとなので、2人分で5個のケーキがテーブルに並ぶと目がちょっと点。いや、食べますよ!最初に言ったように「おいしいものを食べるのは我慢しない主義なので」。

Bpar10 Exc13これが、ほんとにもう、このシフォンロールもおいしいんです。近くだったら、一本持って帰りたいくらい。うぅぅぅ~ん、幸せ♪なんだけど、こんなに食べていいのか>自分。1週間くらい甘いモノ断ちしないとバチがあたりそう・・・。カーべカイザー。お取り寄せの際にはお電話を差し上げるわけですが、実際にこの味を作られた方が目の前にいらっしゃって、じかにお話している、と思うとどきどきしました。大人買いしたい衝動に駆られましたが、持 って帰るBre 重さを考えると、お土産は家族分で泣く泣く3品にしました。今回は大好きなルバーブジャム(←)も断念。え?それでも3品のうちになぜ自分用が入っているのか?1週間くらい甘いモノ断ちするんじゃないのか、って?うう、耳がいたい・・・。

「聖地」といえば、フィギュアファンのワタクシは今回、関西大のアイスアリBpar12ーナも見学させていただきました。そう、高橋選手や織田選手が練習する、あのアイススケートリンクです(高橋選手のメッセージへhttp://www.kansai-u.ac.jp/sports/message/takahashi/2007/06/post.html)。「中に入る前に上着を羽織ってくださいよ。前もちゃんと留めてね」と管理人さんに言われ、「この真夏にBpar11 Bpar13 どんだけ~?」と半信半疑だったわたしが悪うございました。ほんっとにリンクは寒いっす。いや、当たり前なんですけど、呼吸するのがちょっと苦しいくらい空気が冷えてます。なんでフィギュアの選手がいつも鼻をかんでいるのか、わかりました・・・。このときは、ジュニアの練習中で、終わるとすぐ製氷機(?)で整備していました。いやぁ、今回はスポーツという、1回限りのドラマ性で同時にそれを目にした者にエモーショナルな共感を呼び起こすための「舞台装置」に注目して、聖地巡礼の旅をしてきました。ぜひ今後の思索に役立てていきたいと思います。いや、単なる趣味でしょうって?いやいや、そんなことはない、と思う・・・。

本日締め切り

第3回となる「NHK大学生ビデオゼミナール」。初回から経大は毎年オンエアを果たしています。今日がエントリーの締め切りです。テーマが決まっていなくても大丈夫なので、県域放送で自分の映像作品を流してみたい学生は、エントリーをしてくださいね♪詳細はNHKのHPへ。http://www.nhk.or.jp/hiroshima/event/2007/0720video/index.html

ゼイタクなインカレエクスカーション♪

インカレ2日目は、前日発表した4部会でそれぞれのテーマに沿った企業へエクスカーションに行きました。1日目は消費者や受け手としての視点から見えてきたものを調査・発表したわけですが、逆に情報の送り手側はどのような思いや戦略があるのか、相互に意見を交換して理解を深めるのが目的です。川浦先生が引率された食部会はサントリーの山崎蒸留所。見学そして試飲と、次世代研究所の方による飲酒とコミュニケーションに関するレクチャー、ワークショップ(酒類のキャッチフレーズを考える)があり、充実した内容だったそうです。わたしもスコットランド時代、スコッチの蒸留所に行って工程見て、感動した覚えがあります。いいなぁ~。ペット部会は工藤先生に連れられて、新日本カレンダーぺピイ事業部へ。 「ネオベッツ」という高度の動物医療病院見学ののち、ペピイ動物看護専門学校見、そして新日本カレンダーペピイ事業部見学&質疑応答、というコースということで、高度医療病院ってすごいですね。ダイエット用のペットフードとかありますけど、ペットにもダイエット用入院プログラムってあるのかしら?岡田先生が引率されたテーマパーク部会はUSJ。こちらはUSJのco-branding戦略やホスピタリティの提示の仕方など、勝ち組になった秘訣が聞けたそうです。し~か~も、優待パスをいただいて、午後は「体験学習」できたそうで。うう、どこもうらやましい。

Exc1 しかし、われらが地域メディア部会は光ファイバー事業でおなじみのケイ・オプティコムと京阪神エルマガジン社の二本立て!これもゼイタクなプログラムであります。方向音痴ですので寺岡先生と関大4年のN嶋くんの後をひよこのようについていきました。ぴょこぴょこ。午前中はケイ・オプティコムのCSOの山川さんに光ファイバー事業のあらましと、ケイ・オプティコムの事業展開、独自性などをうかがいました。天満の繁昌亭のライブを有料で配信され、地域で取り組んでいる全国レベルのコンテンツの認知度アップに貢献もされています。http://www.k-opti.com/business/forum/forum2006_2/second_2.html 質疑応答では今後の光ファイバー事業の可能性や、メディアでネット中継することで逆に個人として落語を楽しむことになり、演芸空間という場を共有する必要がなくなり、客足を鈍らせる結果になるのでは、など鋭い質問も飛びました。途中からはサービス戦略チームの河田さん、経営本部の荒木さんも加わり、技術的、経営的な観点も含めたビジネス戦略の話をしていただきました。メディア文化研究のみならず、メディアビジネスもカバーする話まで含めて、予定時間をオーバーしてしまうほどお時間割いていただきました。今後のコンテンツ開発など、マスメディアが拾わない、地域の細かなニーズの掘り起こしにおいて、まだまださらなる展開が期待できますね♪

Exc2 お昼を食べなきゃ!と次への移動に便利な天神橋商店街2丁目へ。寺岡Exc3Exc4先生おススメ(安い、早い、ウマい)の讃岐うどん屋さんへ。今回のガイ ド役のN嶋君と天満スイッちリサーチャー、龍谷大K中君といっしょにうどんをずるずる。しかし、このうどん、うま~い。わたしはお取り寄せするほど讃岐うどんにハマッているのですが、この冷玉、ツルしこで、ほんのり天かすの合間にのぞく青ノリで風味がよいのです♪食Exc5 Exc6 Exc7 後には、インカレで発表者が続出した「天 満天神繁昌亭」の前へ。本日のラインナップはこんな方々。近くのゴマ店ではごまやんのゆるキャラも出現し、繁昌亭せんべいやら繁昌亭カレーやら売り出されているほど、確かにまちおこしにつながっているような気が見るからにします。しかし、食後に露店のアイス最中とか食べているうExc91ちのゼミ生・・・。

午後は江戸堀にある、京阪神エルマガジン社へ。ここで「Meets Regional」編集長の金馬由佳さんに雑誌の概要や誌面作りのこだわりなどを伺いました(http://www.Lmaga.jp/)。Exc10 寺岡先生が前日、予習のためにMeetsを渡してくださったのですが、すごく写真がきれいなんですよ。また、フォントがちょっと独特で洗練されていて、地方雑誌という印象はまったく誌面からは感じないのです。それでいて、内容はしっかり地域を向いている。また、金馬さんがとっても活き活きとした表情で話されるので、学生もしっかりとメモをとっていました。編集Exc11 者としてのポリシーやネタさがし、または雑誌業界の今後やネットとの棲み分けや考えられるシナジーから、就職活動の体験まで、真摯にさまざまな質問に答えてくださいました。いまは編集長という立場で統括されているので、チーム仕事とはいえ、自分の執筆ページは1ページしかない、とおっしゃってましたが、誌面全体のゲートキーパーとして、金馬さんのプリンシプルが全面に押し出されたMeets。関西在住じゃないけど、定期購読してみようかな、と思いました(てか、フタバ、紀伊国屋、ジュンク堂で買えるそうです)。まだまだいっぱいこの日もサイドネタがあるのですが、長くなりましたのでとりあえず。今回、視野を広げるような刺激的な経験をさせていただきました。すべてのコーディネイトをしてくださった岡田先生と岡田ゼミのみなさん、合同ゼミを支えていただいた川浦先生、工藤先生、寺岡先生と参加した各大学のゼミ生に御礼を申し上げます。ありがとうございました。

メディア研究インカレ@関大

「私の愛した地球博」を読んでいて(http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31741643)、学部生も愛・地球博について調べて書いてるなぁ、すごいなぁとか思っていた、大学をまたいだ研究発表会、インターカレッジ。「今年は一緒にやりませんか?」と関大の岡田先生からお誘いいただき、ゼColl0 ミ生に投げかけてみたところ、4人が手を挙げました。「自費で大阪行くんだよ・・・」と一応カクニンしてみましたが「やってみます」とのこと。実際、そのあとは「市民球場ありがとう。」企画が忙しく、発表準備は遅々としてすすまず・・・。選べるテーマは4つ。「ペット」「食とメディア」「地域メディア」と「テーマパーク」。ゼミ生が選んだテーマは「地域メディア」。ま、広島ローカルの情報発信は、基本的に地域メディアなわけで。そして、前日夜中までプレゼン用の構成を考えていたみたいで、最終案を「一応お送りしておきます」と受信したのは夜中の12時すぎ。

このような状態で関大高槻キャンパスに乗り込みました。1時からの結成式に続いて、1Coll1 Coll01_2時半から各分科会にわかれての発表が始まりました。4つの分科会に東京経済大学川浦ゼミ、龍谷大学工藤ゼミ、奈良女子大学寺岡ゼミ、関西大学岡田ゼミとうちの5大学が参加していたのですけど、トップバッターのうちの「地域メディアを通しての人と人とのつながりColl3 ~広島市民球場を舞台とした実践事例」に、工藤先生と寺岡先生がお見えになりました。5人の先生のうち、3人もここに集まるという注目度の高さ(といっても、うちは発表がこれひとつしかないのですが)。さぁ、どうなる??

Coll2 3年ゼミ生の「広島市民球場ありがとう。」企画は、球場でチラシを配ったり、カープファンが集う居酒屋「野球鳥」にポスター掲示させていただいたり、それぞれの市民球場の思い出を共有していきませんか、というPRを経て、ブログにメッセージを載せる、という集約化をしているのです。しかし、携帯やインターネットが普通に生活に根付いている世代と違い、年配Coll4の方々とのコミュニケーションにおいて、デジタルデバイドの問題がでてきたのです。アクセシビリティを考え、QRコードをチラシに載せてみても、カープへのアツい想いを持った多くの中高年層には、使いこなせない。新聞などにも露出したため、「がんばってね」と声をかけてくれることは増えても、そのひとたちの声を拾うことが物理的にできない・・・。認知度アップと違う、参加してもらう段階への課題が出てColl51きました。街頭でのカメラによるインタビュー、ブログへ投稿してくれたかたからのメッセージ、球場での直接聞き取りと使うツールによっても、また、メッセージを寄せてくださった年代によっても、印象に残っている「記憶」の傾向も違う。「カープ初優勝」は街中が真っ赤に染まった、くらいな勢いだったようですが、若い世代は強いカープを知らない。カープというキーワードひとつとっても、記憶は共有されていないわけで、そんなひとたちが声を合わせてスタンドから一緒にひとつの応援を奏でているって、よく考えたらふしぎ。そんなつながりを作っているのが「球場」という場であり、Coll61 この活動も実は「ひととひとをつなぐ、メディアの役割があるのでは?」と・・・。まぁ、実践してみて見えてきたことがいっぱいあったようです。これを15分でどこまで伝えられたか、整理しきれていないところも多くあり、ゼミ生たち自身も反省していました。それでも、多くの質問をいただき、自ら活動してひととひとをつないでいきたいという思いは他大学の方々にも伝わったような気がします。

Coll62 地域メディア部会のほかの発表、関西大学生の「日本で最大級の市民がつくるジャズフェスティバル、高槻ジャズストリート」の成り立ちと現状についてのリサーチ、龍谷大生の天満の情報本「天満スイッち」や、天満天神繁昌亭についてのフィールドワークや、奈良女子大生の回覧板の今昔など、みんな視点がおもしろい!テーマパーク部会ものぞきにいったのですColl7 が、ここも天満エリアになぜ宗教施設が多いのかを聞き取り調査やデータで検証していたり、時代村のコンセプトをディズニーランドと対比して、独自のモデルを組み立てたりしていて、自分なりに答えに到達しようという意欲的な発表が目立ちました。体がひとつしかないので、食部会・ペット部会にはほとんど行けず、残念・・・。多少はやめに発表が終わったので、地域メディア部会では余った時間は地べたに座っての質疑応答が繰り広げられました。

は懇親会。せっかく5大学が揃っているので、わたしは関大3年生女子Coll9 のテーブルへ。Coll82Coll11しかし、相当おなかすいていたんでしょう、料理が来るとみんながいっせいにダッシュ。広島風お好み焼きの話とか、将来の展望とか、海外旅行の話とかGirls talkで盛りColl12 上がりました♪うちのゼミ生たちも、龍谷大の女性陣と意Coll13気投合していたようです。そのあと、お楽しみのBINColl14GO。国名あてクイズだったのですが、商品もヒトクセもフタクセもあるものばかりで、当たった人が中を開けるたびにウケました。アトラクションの準備で3時間しか寝てない、という岡田ゼミ4年生のみなさん、ありがとうございました。インカレは翌日も続きます。

さっそく。

インカレについて、学生からアップがありましたのでご覧ください♪わたしも他大学の学生の着眼点に驚き、その新鮮な切り口にも感動し、また、「よかったよ~」と一言言う代わりに、一生懸命ツッコミどころを探そうという、「研究発表」という舞台でのコミュニケーションなど目の当たりにできて、参加できてよかったです♪参加した学生はお疲れ様でした。

http://arigatou-message.seesaa.net/article/50588099.html

わざわざ書くこと

ではないのかもしれませんが・・・見かけた光景なので。

インカレの期間中、8月6日の朝。朝食を終え、インカレ幹事校関西大学の岡田ゼミ生たちと最後に食堂を出たあと、ロビーのテレビの前にうちのゼミ生たちが座っていました。見ると広島平和記念式典のNHKの中継を見ていました。広島にいれば、民放4局+NHKが中継するコンテンツです(つまり、NHK教育を除くすべてのチャンネルが中継します)。他地域ではNHKしか放送しない、ということが身体でわかったはずですが・・・そして、8時15分には自然に全員が黙祷をささげました。広島で教育を受けた子どもたちだから、とひとことで語るのは簡単なことです。しかし、いわれなき原子爆弾という暴力でふつうに生きていた多くの人が一瞬にして命を失い、また、生きながらえた方も放射能によっていまだに苦しんでいる、という事実。二度と人類がそんなことを繰り返さないために、被爆を直接体験していない世代に記憶を継承していこう、という被爆地からの情報発信の取り組み。それがまだ広島・長崎というエリアに閉ざされているという現実と、ほそぼそとではあるけれども播いた種は育っている部分と。自分にできることが何かあるのだろうか、と考えながら一日が過ぎていきました。

繁昌亭にて

繁盛亭にて
エクスカ―ションでも午前・午後と貴重なお話が聞けました。これはその合間の天満の天満天神繁昌亭での記念撮影です。(公式HPへhttp://www.hanjotei.jp/

関西のCM

昨日もやはり大学で迷うジンクスは健在。バス降り場を間違え関大内で迷子になり、親切な関大生さんが目的地まで20分くらい一緒に歩いて連れて行ってくれました。しかしバッチリまた日焼けして顔がイタい…。さて、朝の関西ロ―カルの情報番組やロ―カルCMが新鮮で目が離せない♪いやあ、まさに地域情報ですね。

発表終了しました


無事発表が終わりました。堂々たるものでした。他大学から学ぶことも多かったのですが。いまからお風呂&楽しい懇親会…♪明日は地域メディアに関わる企業にエクスカ―ションです。

高槻に行ってきま~す

Arig Arig2 今日はいよいよ3年ゼミ生が関西大学で東京経済大学、龍谷大学、奈 良女子大学、そしてホスト校の関西大学のみなさんと、分科会にわかれてメディア文化研究インターカレッジとして、発表します。うちの学生のテーマは「地域メディアを通じての人と人とのつながり」。ゼミ生が取り組んだ「広島市民球場ありがとう。」企画を通してみえてきたものについて、地域メディアという切り口から考察します。はきはき、堂々と自信を持って制限時間内で話してほしいものです。発表後のQ&A、ツッコミにも頑張って対応できるかな・・・

めずらしいもの。

Kazeオープンキャンパスでは学科別紹介のコーナーで学生もさまざまなアトラクションを準備しましたが、それとは別に、めったに見られない事物を見ることが出来ました。

①本学科、蔭山武人先生の台風中継。元アナウンサーの先生がついつい昔の血が騒いだのか、クロマキーの前で台風実況のお手本を。いやいや、的確な状況描写や、風に足をとられてしまうような演技はお見事でした。さすがに迫力ありますね~。

Kaze1 ②Y本さんのご子息、生か~くんを見ることが出来ました♡よく某所で画像は拝見するのですが、動いている本人を見るのは初めて。フルデジタルスタジオで初めて見るもの聴くものに驚いていたけど、多くのおね~さまたちに囲まれてちょっとびっくりしていましたね~。しかし、学科のみんなのアイドル、人気者でした♪

家に帰り、いまはGarota de Ipanemaのピアノを聴きながら、友人から届いた結婚式招待状をじ~っと見ています。最近の招待状はオサレなのInvね。同い年なので、まだまだわたしたち若いんだ、ということで。しかし、何を着ていこうかしら・・・このグループのときは結構振袖で行ってるので、ひさびさに振袖???

Coisa mais linda

「明日ランチにしかまるに行かない?」

そんないつものメールを昨夜、台風の最中に受信しました。発信者はM子さん。学期中はランチしている余裕はないけど、夜にふたりで足を運ぶことはあります。ここまではいつものパターンなんだけど・・・。

いつもと違うのは、これがたぶん最後のランチになる、かな、ということ。

Deer2 以前、彼女が広島を離れることになったとはお伝えしましたが、いよいよDeer1引越しを済ませ、あとは大学の荷物を送り出すだけとなりました。わたしも来週しばらく広島にいないし。うう~ん、なんか実感わかないなぁ。今年に入ってふたりの友人を亡くしましたが、こうやって元気な姿を見送ることも、それはそれでちょっとさみしい・・・。ともあれ、興動館科目を担当されているM浦さんと3人でしかまるへ。しかまるのご主人も「もしかして今日が最後なんかいね~?」と感慨深げ。

Deer3 Deer4Deer5ギ大好きな彼女は、最後もほら、こんなにネギかけを。これじゃネギ 焼きやん~。マヨラーのM浦さんもこ、このお好み焼きは。それじゃまるでケーキのホイップクリーム載せみたい。まったく、お店のオリジナルの味付けのままで食べるのは、わたしだけです(もっとも、ここはシーフードのトッピングだとホワイトソースを中に混ぜるので、これもよそにはない味付けと言えるでしょう)。しかし、アメリカから経大にアプライして面接にやってきたとき、Deer6 「スクールバスはこの時期、本数が少ないし、ちょうど市内に出る便がありますから駅まで送りますよ~」とドライブしていただいて以来のご縁。サバティカル(研究休暇)でフィラデルフィアに行く前だったせいか、「英語ってどうしたらできるようになりますか?」と真剣なまなざしで質問され、わたしが中学以来実行している勉強法などお話しすると、「う~ん、そういう風にすればいいのはわかってるんですけどぉ」とにこにこしていましたね。あのときはまだ、そういう性格(どういう性格?)とは知らず、「大学の先生にしては気さくなひとだなぁ」としか思っていなかったのです。しかし、彼女のダンスというかスピンを見たときには鳥肌立ちましたねぇ、ほんと、言葉で語るより、身体で表現する、すごいひとです。

「彼氏だと思って甘えて」発言にも見られるように、いろいろな意味でめったにいないキャラクターで、みんなに愛されていました。家族って、世の中でもっとも美しいものだと思います。また近いうちに会えると思いますが、どうぞ新天地で美しいものを大切に育んでいってくださいね♡

さて、本日・明日の両日、広島経大ではオープンキャンパスが開催されます。メディアビジネス学科では松井一洋先生がミニ講義を行います。学生によるなんでもトークのお部屋があったり、お天気キャスター体験もできますので、興味のある方はおいでください♪わたしも本日はスタジオ周りにいます~(明日は出張で広島にいないのです)。

備えあれば・・・

Mag0 今日は大学からも「早く帰ってくださ~い」と言われ、スーパーも7時に閉店。おかげで早い時間から半額セールをしていました♪さて、店内で懐中電灯を売っていたので買おうか、と思った瞬間。ああ、あれがある、とにんまりしておうちに帰りました(←最近、すっかりぴんくのこぶたを見るとお友達だと自覚が)。あれとは、ずばり、マグライトです。某放送局で出演記念Magl_2 品にいただきました♪これ、ケニアのサファリのテントでも使ったことがあるけど、超スグレモノです。しかも、わたしの家は夏になるとミネラルウォーターは段ボール箱でごっそり買いますので、水も大丈夫!お菓子もいっぱいあるし(?)、備えはあるんですけど、ただ、日常生活は暑くてバテバテ・・・。宅急便のおじさんが「なんですか、この部屋の暑Magl1 さは!」と驚いておられました。ミニ扇風機も焼け石に水。クーラーは頭痛くなるし、と思いつつ、この夏は避けられないのかなぁ・・・。最近はこのサプリを愛用しています。体からほのかにバラのかほりがするようになった、と多くのブロガーさんが報告されていますが、わたしからもかほるのかしら?だれも近くにこないからわかりませんが、少なくとも汗のにほひは気にならなくなりました。

さて、本日は多くの諸先輩方の論説を読む機会を得て勉強させていただきましたし、関西大学で来週発表する3年ゼミ生の草稿も読みましたし、失恋相談も受けましたし、締め切りを過ぎたラジオCMの課題も受理しましたし、赤福も最後平らげましたし(だって賞味期限がすぐなんですもん)、わたしなりに充実した一日でした。あれ、まだ採点に手をつけていない・・・分析レポートの締め切り過ぎましたよ>4年生該当者。

バイキングの誘惑に弱いの・・・

興動館科目「わが人生の転機I」の関係者でお食事に行きました。もともと、前学部長のY先生と一緒にスタートさせていただいた科目でした。話す方々も自分の人生の棚卸しになりました、とすっきりされたような表情ですし、学生も本当に興味深そうに授業を聴いてくれるという、双方が本音で語り合える空気がかもし出されています。多くの方のご協力なしには成り立たない授業だけに、終わった後のこの懇親会(?)が盛り上がること。

Buffet0Buffet1今回の会場はパセーラ10階のThe Buffet Style Rouji。いいんでしょうか、意思の弱いわたしがバイキングだとか、飲み放題とかで。と思っているうちに早速乾杯。「こういうところでいきなりカレーとか 食っちゃダメです。9回裏までBuffet2Buffet3Buffet4とっておかねば」とT松さんから注意を受け、いざみなさん出陣。ぷちダイエット中のわたしは野菜料理中心のコーナーへ行き、麻婆トマトサラダやアップルビネガーのコールスロー、オクラとこんにゃくのねばとろ和え、オニオンスライスを盛り、意思の強さを見せました。いきなりメタボBuffet5 一直線なケモノ的チョイスをするひともいれば、同じ野菜コーナーからなのに「野菜中心に。でも食べたい!」という心の叫びを感じる盛り方の方も(↑)。わたしは二皿目も頑張って、ヘルシー路線で(←)。ポモロドーロトマトとツナのスパゲティとかピッツァカプリチョーザとかホワイトソースグラタンとか季節の天ぷらとかにぎり寿司には目をつぶって一気に通り過ぎましBuffet6 た。鉄の女ことNさんは「食べますよ~。そのために朝、ちゃんと走り込んで来ましたから♡」うう、ご立派でございます。少林寺の達人、Eさんもお得意の指反らしがキマッてます。N山さんのおうちリフォーム話で盛り上がっていたそのとき。

「タイムサービスのローストビーフ、焼きあがりました~♪」と高らかな声が。

Buffet7 Buffet8 ぞろぞろとひとびとが立ち上がり、ローストビーフの前に列ができました。「限定モノ」に弱いわたしも、お皿を持って続きます。ほら、こんなにジューシーなお肉。きざみ山葵醤油ソースとつけあわせにはフレンチフライ。これで理性が飛んでしまい、うどんを明太子で食べたり、北海道男爵コロッケなど炭水化物攻撃に出てしまいました。し~か~も、アスリートNさんがデザートをがっつり持ち返って行くのに刺激を受け、禁断のデザートコーナーで一皿分、こんもり盛りつけてしまいました(ブルーベリートラBuffet9 Buffet101 Buf1 イフル、ティラミス、ココナツミルクのプリン、紫芋あん水晶餅、レモンのパウンドケーキあたりは押さえました)。閉店になってやっとお店を出る面々。ちゃっかり記念撮影までするという・・・。しかも、重くても、持って帰らないと明日の朝の出勤が大変だから、と肩から自転車をぶらさげて街を歩くひとまでいました。しかし、週の中日だからか二次会はなく、残念がるT松さんなのでありました。しかし、これで2800円(女性料金)でやっBuffet12 ていけるのだろうか・・・と思うのはわたしだけなのでしょうか。あ、それからM子さんから名古屋土産の赤福いただきました~。明日も試験監督や会議が続くので、在室時間が細切れですが、食べたいひとは研究室にいらしてくださいね♪

第3回NHK大学生ビデオゼミナール

今年も大学生が街に出て、見たもの聞いたものを自分たちなりに解釈し、映像で表現していくNHK大学生ビデオゼミナールが開催されます。ことしの特徴は、テーマを設定したこと。「仕事」という言葉を、自分たちなりに自由に解釈し、自分たちの思いを番組として構成して伝えてください。

詳細はNHK広島のHPへhttp://www.nhk.or.jp/hiroshima/event/2007/0720video/index.html

エントリー締め切りは8月10日。この段階ではまだ、テーマなどは決まってなくても大丈夫なので、自分の映像作品を地上派県域放送で放送できたらいいなぁ~と思う学生は、ぜひぜひエントリーしてみてくださいね♪

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ